MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2022.02.17

メゾンとGOETHEが選んだ最旬お薦めアイテム7選【ベルルッティ、エトロ、サンローランetc.】

2022年春夏のトレンドを占ううえで重要なブランドの推奨アイテムをGOETHEがさらに厳選。これらのキーアイテムを中心に、今季のスタイリングを組み立てていけば、間違いなく旬なファッションが楽しめるはずだ。

メゾンとGOETHEが選んだお薦めアイテム

BERLUTI/ベルルッティ

BERLUTI

¥698,500(ベルルッティ/ベルルッティ・インフォメーション・デスク TEL:0120-203-718)

時を超越した美を軽やかに羽織る
レザーシューズに職人が手作業で色づけする「パティーヌ」は、ベルルッティが独自に考案した秘伝の技法である。そんなメゾンを象徴する技法をイメージし、絶妙なグラデーションカラーに仕上げたレザーベストは、肩回りにアイコンである中世の手稿から着想したスクリットパターンをプラス。まるでアンティークのような時を超越した美を湛えている。

SACAI/サカイ

SACAI

¥308,000(サカイ TEL:03-6418-5977)

モードとテクノロジーが生んだ最先端のデイリーウェア
デザイナー阿部千登勢氏の独創的な世界観が、世界中の洒落者たちを魅了しているサカイ。多彩なコラボレーションも話題となるが、2022年春夏は革新的な素材や技術で知られるドイツのブランド、アクロニウムとのコラボが実現。両者のテクノロジーとデザインが見事に融合したアイテムは、先進的ながらもあくまでデイリーに着こなせるのが魅力だ。

RALPH LAUREN PURPLE LABEL/ラルフ ローレン パープル レーベル

RALPH LAUREN PURPLE LABEL

スーツ¥501,600、シャツ¥62,700、タイ¥35,200、チーフ¥18,700、その他は参考商品(すべてラルフ ローレン パープル レーベル/ラルフ ローレン TEL:0120-3274-20)

凛々しくも快適このうえない普遍的スーツの価値
イタリアの熟練職人によって仕立てられる、ラルフ ローレン パープル レーベルのスーツ。新作のスマートなダブルブレストスーツは、軽やかな仕立ての「ケント」モデルを採用。ウォッシュ加工で柔軟性と風合いを引きだしたエクスクルーシブのチョークストライプ柄フランネルと相まって、抜群の着心地が堪能できる。

ETRO/エトロ

ETRO

¥179,300(エトロ/エトロ ジャパン TEL:03-3406-2655)

フリーダムな精神が生む真のクリエイティヴ
エトロ メンズコレクションの中核をなすのが、クリエイティヴ・ディレクターのキーン・エトロによる、イタリアの伝統を重んじつつも自由闊達な創造力である。フリーダムな精神の象徴でもあるバンダナがモチーフのセーターは、まさにその最たるもの。ジャカードと刺繍で緻密に表現されており、カジュアルとラグジュアリーが渾然一体となっている。

SAINT LAURENT/サンローラン

SAINT LAURENT

¥330,000(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ/サンローラン クライアントサービス TEL:0120-95-2746)

テーラードの原点を思わせる凛としたエレガンスを堪能
スモーキング(タキシード)から着想したコレクションを1966年に発表して以来、サンローランにとってテーラードジャケットはシグネチャーとなった。新作は得意のハイコントラストなギンガムチェックを採用。ウールモヘア素材のハリと構築的仕立て、1Bピークドラペルにより、スモーキングに通じる凛としたエレガンスが漂う。

PRADA/プラダ

PRADA

バッグ[H60×W60×D28cm]¥214,500、ジャケット¥335,500、帽子¥106,700〈すべて予定価格〉(すべてプラダ/プラダ クライアントサービス TEL:0120-45-1913)

抜群に目を引く究極のアイコンバッグ
2020年にラフ・シモンズが加入して以来、プラダは改めて伝統的アイコンのトライアングルロゴをフィーチャーしている。その究極ともいえるのが、ʼ22年春夏コレクションに登場したキャンバス素材のショルダーバッグだ。ロゴをそのままバッグにしたような立体感のあるトライアングルシェイプや、エンボス加工が施された大きなロゴが実にアイコニック。日本限定のブラックもある。

JIL SANDER/ジル サンダー

JIL SANDER

¥399,300(ジル サンダー バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー/ジルサンダージャパン TEL:0120-919-256)

クリーンなデザインにモダンな美が宿る
ジル サンダーにとってロングコートは、そのコンテンポラリーな世界観を表現するために、季節を問わず不可欠な存在だ。2022年春夏の新作は、上質なウール地をベースに、前身頃の上部にのみ、柔軟でなめらかなレザーをパネル状に張ることで、ベーシックながらも洗練されたモダンさを実現。ピュアなデザインのなかに独自の美意識が表現されている。

DIRECTION=島田 明

TEXT=竹石安宏(シティライツ)

PHOTOGRAPH=杉山節夫

STYLING=久保コウヘイ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる