MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2024.06.09

サイケデリック・ミュージックを追求する鬼才バンドTempalayの新作アルバム『((ika))』

今、チェックしておきたい音楽をゲーテ編集部が紹介。今回は、Tempalay(テンパレイ)の『((ika))』。

Tempalay

異世界への旅に誘う一大音楽絵巻

鬼才バンドの本領発揮となる新作が届いた。2024年で活動10周年を迎えるTempalayは、既存のジャンルの枠組みにとらわれず独自のサイケデリック・ミュージックを追求する3人組。

「あびばのんのん」や「今世紀最大の夢」など、ここ最近はドラマやアニメ主題歌として書き下ろした人懐っこいメロディの楽曲も評判を呼んできたが、3年ぶり5作目のアルバムは、それらも収録しつつ全19曲の壮大な音楽絵巻に仕上げた意欲作だ。

アルバムはコラージュ的な「(((shiki-soku-ze-kuu)))」で幕を開ける。逆回転サウンドのラスト「)))kuu-soku-ze-shiki(((」も合わせた曲名の意味は「色即是空」と「空即是色」だろう。先行配信されたダンスナンバー「NEHAN」は仏教用語の「涅槃(ねはん)」をモチーフに制作された楽曲ということだ。

他にも「預言者」や「憑依さん」などスピリチュアルで哲学的な小原綾斗(Vo/G)の言語センスを活かした楽曲が並ぶ。うねるビート、ギターとシンセが絡み合い次々に風景が切り替わるような曲展開は心地よくも先鋭的。聴いているうちに異世界の扉が開くような不思議な体験だ。

2024年10月には初の武道館公演も決定。唯一無二のまま未踏の地に突き進んでいる。

Tomonori Shiba
音楽ジャーナリスト。音楽やカルチャー分野を中心に幅広く記事執筆を手がける。著書に『ヒットの崩壊』『平成のヒット曲』などがある。

TEXT=柴那典

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる