MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2023.10.02

ブラー、8年ぶりの新アルバム『The Ballad of Darren』

今、チェックしておきたい音楽をゲーテ編集部が紹介。今回は、Blur(ブラー)の『The Ballad of Darren』。

Blurのアーティスト写真
© Reuben Bastienne‐Lewis

人生を噛みしめる、ロックバンドの美学

歳を重ねることは、とても素敵なことだ。一度は道を違えたかつての仲間との関係性も、失ったものに思いを馳せるメランコリーも、音楽に昇華されることで、まるで極上のワインのような芳醇な味わいに結実する。

2023年夏のサマーソニックでも感動的なステージを見せたブラーの8年ぶり9作目のアルバム。一聴して感じるのは、ノスタルジックなテイストだ。

耽美的なメロディを奏でる1曲目の「The Ballad」やアコースティックギターに乗せて噛みしめるように歌う「The Everglades(For Leonard)」など、デーモン・アルバーンの気怠い歌声は、過去の追憶を美しく蘇らせる。エネルギッシュなギターリフを鳴らす「St. Charles Square」や快活な8ビートの「Barbaric」のように、’90年代の熱狂を思い起こさせるような曲もある。

ゴリラズで世界的な活躍を繰り広げてきたデーモン、ソロとしてキャリアを積み重ねてきたグレアム・コクソンなど、バラバラの道筋をたどった4人が再び集まった本作。ゲストやフィーチャリングを誰も迎えず全曲の作詞作曲クレジットに4人の名が並ぶことにも大きな意味があるはず。

歳を重ねたバンドならではの円熟した美学を今の時代に感じさせてくれる一枚だ。

Blur『The Ballad of Darren』
『The Ballad of Darren
ワーナーミュージック・ジャパン ¥3,190。
8年ぶりの新作。メランコリックな味わいの歌声とバンドならではのサウンドで円熟の境地を感じさせてくれる。

Tomonori Shiba
音楽ジャーナリスト。音楽やカルチャー分野を中心に幅広く記事執筆を手がける。著書に『ヒットの崩壊』『平成のヒット曲』などがある。

TEXT=柴那典

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる