GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2021.06.01

女優・片山友希「調子に乗って、しんどかった京都時代を忘れたら終わり」

片山友希

最新作『茜色に焼かれる』では風俗店で働く25歳のケイを熱演

今はまだ、片山友希という名前に反応する人は、よほどの映画&ドラマ好きに限られているかもしれない。役柄によって印象がまったく違うため、一般的な認知を得るには少々時間を要しているが、それは彼女が俳優として優れていることの証明になっている。

彼女が最初に鮮烈なインパクトを残したのは、サラリーマンと援助交際する高校生を演じた、2018年の映画『ここは退屈迎えに来て』だった。

「ずっと自分を清楚系やと思ってたんですけど、最初に受かったのがこの役で、『私、清楚系やないんや……』と自覚しました。当時は全然仕事がなくて、あのオーディションに受かっていなかったら、地元の京都に帰っていたかもしれません。ちなみにそのあとも、幸せになれない役が多いです(笑)」

石井裕也監督の最新作『茜色に焼かれる』では、主人公の良子(尾野真千子)と同じ風俗店で働く25歳のケイを熱演。台本を渡される前に石井監督から呼ばれ、女優としての覚悟を聞かれたという。

「すぐに答えられなかった自分が悔しくて、その帰り道の恵比寿から渋谷まで、雨の中を泣きながら歩きました。役が決まってめちゃくちゃ嬉しかったんですけど、自分にこの役を演じられるかどうか、撮影中もずっと不安でした。私はいつも、役について考えたことを台本に書きこむんですけど、今回は書いたものを全部消しました。"考えてる風"で不安をごまかさず、演じる怖さに克つ。それが、自分なりの"覚悟"やったんです」

イラストが趣味。「仕事でお世話になった方に、絵手紙を送りつけてます(笑)」

自分の弱い部分について、気取りのない京都弁で振り返る。役作りについても「今回はできませんでした」と恥ずかしそうに打ち明ける。

「風俗の仕事をされている方の本やドキュメンタリーを読んだり見たりしたくらいで、あとは台本をひたすら読み返しました。あと、ちょうど年金の請求書が届いて『はあ……』とため息が出たんですよ。『これってお金のないケイちゃんも感じることやろうな』とか、共通点を探したりはしました。若い女ということで舐められた経験を思いだして、ムカついたりも」

良子とケイの運命は、あまりに理不尽で、時に残酷だ。しかし、現場はポジティブなエネルギーで満ちていたという。

「監督を中心に、全員に熱量があって、いい緊張感がありました。何より尾野さんの明るさが、現場と作品を照らしていたと思います。本番での切り替えもすごくて、『尾野さんみたいになりたい』と思ってしまったんですけど、尾野さんは尾野さんでいろいろと悔しいこととかを経験して今があるはずやから、簡単に『なりたい』なんて言ったらあかんと反省しました」

躍動する細長い手脚、物言いたげな唇、ショートボブが引き立たせる涼しげな首筋が、スクリーンで絵になる彼女。着実に役が大きくなっている流れのなかで、「東京でやりたいことをやれている喜び」を噛み締めつつ、「調子に乗って、しんどかった京都時代を忘れたら終わり」と自分に言い聞かせる。

「20代前半の女で、アンニュイやったら、多分そこそこ仕事は来ると思うんです。でも、その年齢を超えたら、仕事は絶対に来なくなる。仕事を舐めていたわけじゃないですけど、正直、楽しいほうに流されていた部分がありました。この仕事をこの先も続けるためには、もっと真剣にならなあかんと思いました」

自分の立ち位置を冷静に、かつ客観的に見つめるのは、仕事に対する思いが熱いから。

「これから先も熱量があって、自分が甘やかされない現場に参加したいです。『茜色に焼かれる』は、俳優人生のターニングポイントになったと思います」

 

『茜色に焼かれる』
監督:石井裕也
出演:尾野真千子、和田 庵、片山友希ほか
尾野真千子が4年ぶりに単独映画主演。7年前に、夫を“上級国民”に轢き殺された主人公と、中学生のひとり息子が、数々の理不尽に見舞われながらも、たくましく生きる姿を描く。脚本・監督は『舟を編む』の石井裕也。

 

片山友希

YUKI KATAYAMA
1996年京都府生まれ。関西で活動後、二十歳で上京。2018年の映画『ここは退屈迎えに来て』や、’20年の『君が世界のはじまり』などで注目を集める。連続ドラマ『探偵☆星鴨』に、主人公の探偵の助手役でレギュラー出演中。
ワンピース¥49,000、タンクトップ¥13,000(ともにZUCCA/A-net Inc.TEL:03-5624-2626)

TEXT=須永貴子

PHOTOGRAPH=滝川一真

STYLING=丸山 晃

HAIR&MAKE-UP=伏谷陽子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

8月号 Now on sale

なぜリーダーは身体を鍛え、美を追求するのか。ゲーテ8月号「死ぬまで筋肉、死ぬまで美容」特集に答えがある!

cover8月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

8月号 Now on sale

なぜリーダーは身体を鍛え、美を追求するのか。ゲーテ8月号「死ぬまで筋肉、死ぬまで美容」特集に答えがある!

ディーン・フジオカ、香川真司、宮根誠司、ミルクボーイ駒場孝、武田信治、EXITりんたろー。、青木源太をはじめ、各界のトップランナーたちはなぜ肉体を鍛えるのか、見た目を整えるのかを徹底取材。加えて最先端のトレーニング哲学と、ボディリカバリー術を紹介する。死ぬまで役立つ筋肉と美容のすべてがわかる、GOETHE[ゲーテ]8月号完全保存版は6月24日に発売!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる