MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2023.02.19

ゲーテ編集部が再参戦! メディア対抗ロードスター4時間耐久レース

マツダ主管の「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」が2022年12月、筑波サーキットで行われた。今回は連載「NAVIGOETHE」の番外編として、ゲーテ編集部が全大会のリベンジを果たすべく参戦したレースのレポートをお届けする。連載「NAVIGOETHE」とは……

サーキットを走るロードスター

グラスレースで絶大なる人気を誇る、ロードスターの競技専用車がNR-A。“走る歓び”を極限まで追求した仕様は街乗りからサーキットまでをカバー。車高調整機能つきサスペンション+ビルシュタイン社製ダンパー、大径ブレーキローターなどで足回りを強化。さらに競技専用ロールバーセットなども付属する。¥2,777,500〜

4時間レースでアドレナリン全開! 競技を通して、心身を鍛える

媒体社がチームを組み、“クルマの走る楽しさを伝える”べく完全ワンメイクのロードスターNRAで挑む。2022年3月に飛び入り参戦が決まった前大会に続いて、本誌ゲーテチームは2回目の出場となった。

この日、総延長2kmのコースを1分10秒台で走った予選の記録がゲーテチームのベストタイム。ちなみに本大会のファステストラップは同9秒台なのだが、その差は歴然。コンマ何秒という世界に計り知れない壁がある。全22チーム中、ゲーテチームは13番手からの決勝スタート。そして目標はただひとつ、完走すること。前大会でリタイアを喫したゲーテチームの汚名返上だ。

「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」のゲーテ編集部チーム

インタビューを受ける助っ人の関豊選手

助っ人としてマツダのスーパー耐久に参戦する関豊選手がチームに加勢した。

4時間耐久の決勝が始まる。激しく順位が入れ替わるなか、虎視眈々と走り続けマシンをつなぐ。イコールコンディションのレースゆえ、ドライバー交代(最低3分間停止)や給油のタイミング、燃費計算といった戦略、ドライバーの力量がそのまま順位の差となって表れるから面白い。例年、競技終了間際になると、上位を争うチームでもガス欠でリタイアが多発するほど。燃費計算がシビアなのだ。

サーキットを走るロードスターの後ろ姿

一時は3位まで順位を上げることができたゲーテチーム。だが、後続車の追い上げが激しくみるみる順位を下げてしまう。給油をこなし、マシンをつなげるもののレース終了間近の最終ラップでそれは起こった。ゴールラインわずか200m付近でのガス欠によりマシンが完全停止。悔しくもリベンジならず、リタイアを喫することになった。

それでも耐久レースの一体感や熱狂をチームやライバルと共有できたのは何物にも代え難い。かつてF1を駆けたレジェンドと、同じコース上で興奮と緊張を味わえるだけでも感慨深い4時間耐久レースだったのだ。

「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」の途中順位

出場ドライバーは4〜5名編成。最低1回のメンバー交代(基本はひとり走行50分)に加えて、1回は給油のためピットインする競技規則。レース開始2時間で一時は3位まで順位を上げたが、各車守りに徹した走行だった。

大会終了後恒例の洗車

競技終了後、チーム一丸になっての洗車がこのレースの恒例となっている。

 
メディア対抗“ヨンタイ”とは?
ロードスターの車内や給油の様子
国内屈指の伝統あるメディア対抗4時間耐久レース、通称“ヨンタイ”。初代ロードスターが発売された1989年から毎年1回のペースで開催され、今大会で33回目を迎える。ドライバーも、各媒体に関わるジャーナリストや編集者がレーシングスーツを身に纏まとい、レース仕様に改造された同一コンディションのマツダ ロードスターNR-Aを操る。

問い合わせ
マツダコールセンター TEL:0120-386-919

■連載「NAVIGOETHE」とは……
魂を刺激する、見て・乗って・操る楽しさのあるクルマ。所有欲をくすぐるステータスシンボルから、クルマと対話できる生粋のスポーツカー、ヘリテイジのある一台まで、連載NAVIGOETHEでは、大人の我儘をかなえる、心躍るクルマを紹介する!

↑ページTOPへ戻る

過去連載記事

この連載をもっと読む

連載
NAVIGOETHE

魂を刺激する、見て・乗って・操る楽しさのあるクルマ。所有欲をくすぐるステータスシンボルから、クルマと対話できる生粋のスポーツカー、ヘリテイジのある一台まで、連載NAVIGOETHEでは、大人の我儘をかなえる、心躍るクルマを紹介する!

TEXT=ゲーテ編集部

PHOTOGRAPH=杉田至

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる