MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2024.06.04

ななかぐら|秋元康の心を一瞬で摑んだ、女性店主が営む神楽坂の会員制和食店

レストランを愛してやまない秋元康小山薫堂中田英寿見城徹が選ぶ、最強のレストランガイド「ゲーテイスト2024」。シェフズテーブルのような料理人とゲストが一体化した“弩級の特等席”をご紹介。今回は東京・神楽坂の『ななかぐら』。

「ななかぐら」のカウンター
店主の内田さんが料理からサービスまですべてを行う、居心地抜群の小体の店。

秋元「店主の生き方や知性を感じる料理に心身が癒やされます」

商売繁盛や学業成就を願い、全国から参拝者が訪れる神楽坂の赤城神社。そのすぐ近くの小さなビルの1室で女性店主が営む『ななかぐら』は、飾らない料理で常連の心を和ませる会員制の和食店だ。季節の食材をさり気なく盛りこみ、自然体で紡がれる滋味に気分が安らぐ。

秋元 神楽坂は今も昔も変わらない美食の街。僕が好きなお店もたくさんありますが、『ななかぐら』は心がほぐれる良店だと思いました。最近は特に派手さよりも、作る人の心が見える料理に惹かれるんです。

見城 誰もが知っている家庭的な料理でも、プロの仕事が見えると素直に感動するよね。

秋元 まさにそうなんです。ここは内田奈々さんという女性がひとりで営業されていて、カウンターだけのお店というのもあって会員制なんですけれど、僕は一度でファンになりました。客席と厨房の距離が近いので、調理風景を眺めているとわかるのですが、限られた空間の中で動きにいっさいの無駄がないんです。

小山 カウンターだけのお店だからこそ、見える景色というのがありますよね。

秋元 それがカウンターが好きなひとつの理由です。それで、肝心の料理は気取りがなく、シンプルでこういうのが食べたかった! と嬉しくなる。

見城 大仰な料理に疲れてしまって、飾らない美味しさが恋しくなることが増えてきたよね。

秋元 内田さんはすごくバイタリティのある方で順天堂大学でアンチエイジングの研究をされたり、ジビエなどは自分で解体からされるので、それが料理に生かされている。岩塩が置いてあったので何かなと思ったら、それぞれの好みに合わせて足してくださいと。お砂糖もほぼ使っていないので食後感がすっきり軽く、身体にいい料理とはこういうものかと実感しました。

小山 つくづく素敵なお店というのが伝わってきます。

秋元 僕がいただいた鴨のハンバーグや作り立てのさつまあげもとても美味しかった。心にも栄養が行き届くような料理に若返った気持ちになります。

ななかぐら/Nanakagura
“神楽坂の茶屋”をコンセプトに、会員制の店としてオープン。7周年を機に現在の場所に移転。年内はすべて予約で埋まっているという人気ぶりで、新規会員の募集は受付けていないが、過去に予約をしたことがある場合のみ、HPから問い合わせが可能。

住所:東京都新宿区赤城元町3-7 神楽坂ODAビル2F
TEL:非公開
営業時間:17:30~22:30 
定休日:水・土・日曜、祝日
座席数:6席
料金:¥19,800のおまかせコースのみ

【特集 ゲーテイスト2024】

この記事はGOETHE 2024年7月号「総力特集:恍惚レストラン ゲーテイスト2024」に掲載。▶︎▶︎ 購入はこちら

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=菊池陽一郎

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる