MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2024.03.20

ローカルでディープな穴場「南機場夜市」――台北24時間食いだおれ旅③

充実した人生を送るには、時にはノリと勢いも必要。財布とパスポートと旺盛な食欲(と屈強な胃袋)だけ持っていざ、ディープ感満載の美食のアジア弾丸ツアーへ。今回は台北往復24時間食いだおれ旅、3エリア目の「南機場夜市(ナンヂーチャンイェスー)」を紹介。【特集 エクストリーム旅】

南機場夜市
日本統治時代から残る地名。松山空港ができる前に飛行場だった場所が現在は夜市に。

ローカルな雰囲気が漂う穴場の夜市へ

「南機場はもともと飛行場があった場所で、夜市のなかでもディープな穴場」という前情報どおり、南機場夜市周辺はまるで映画のセットのような街並み。’60年代に建てられたという公営住宅を眺めていると、タイムスリップしたような気分になる。ローカルしか行きにくい場所にあるためか、寧夏夜市(ニンシャーイェスー)ほどの熱気はないものの情緒的な雰囲気に包まれ、台湾の原風景ここにありといった感じだ。

ミシュラン選定店以外にも餃子や胡椒の人気店があるが、今回は“しばり”があるため、21時半閉店の「臭老闆(チョウラオバン)」へと急行。ここで人気の臭豆腐は、台湾で愛される発酵食で、その独特な匂いから外国人には苦手といわれることの多い“鼻つまみもの”だ。店の前まで重い腹と足を引きずりながら行ってみると、意外なことにあの刺激臭があまり感じられない。

席に着き、小辛の臭豆腐を注文。ここでは普通から激辛まで6段階の辛さを選ぶことができるのだ。一般的な臭豆腐より匂いがマイルドな理由を尋ねると「美味しいのは臭わない!」という非科学的な回答だったが、よくよく聞けば、ここでは豆腐を揚げるのではなく蒸しているため、食べやすいのだそう。

駆け足で「阿南麻油雞(アナンマーヨーヂィ)」へ向かい、鷄腿と麻油乾麺線でとどめを刺す。スマホの時計は21時を示している。お腹がはちきれそうでたまらなく9(苦)るしい……。

【3エリア目】20:00|南機場夜市

住所:台北市中正區中華路2段307巷~315巷
営業時間・定休日:17:00~24:00(店によって異なる)

旅人・小寺慶子
肉と酒を糧に生きる肉食系ライター。強靭な胃袋とフットワークの軽さを武器に国内外を食べ歩く。旅先では「郷に入れば郷に従う」のがモットー。

【特集 エクストリーム旅】

この記事はGOETHE 2024年4月号「総力特集:エクストリーム旅」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=榊原有一 COORDINATION=榊原有一

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる