GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2020.06.11

焼肉 誇味山|西麻布にある焼肉の新潮流! “タレ焼肉”を極めたレジェンドの店

毎年恒例のゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」。今回も秋元 康さん、小山薫堂さん、中田英寿さん、見城 徹の食を愛する4兄弟が集結、ここ1年のお薦めのレストラン(全52店)を教えてもらった。19店目は、”いい肉は塩で”に一石を投じ、肉の個性に合わせてタレを変える”タレ焼肉”の店。

焼肉 誇味山

焼肉界のトレンドを引っ張ってきた匠の店

――“いい肉は塩で”という流れに一石を投じ、話題を集めている焼肉界のレジェンドの店。今や、焼肉の聖地と化した西麻布の地で、話題沸騰中の1軒は、“タレ焼肉”の可能性を感じさせてくれる新たな拠点となっている。


中田
:僕もここはぜひご紹介したいという焼肉店があります。西麻布にある『誇味山』は、去年、何度も行かせていただきました。

見城:また西麻布! もはや焼肉の聖地化している感じだね。

秋元:美味しい?

中田:おまかせコースだけで、少しずつお肉を出してくれるんですけど、タレにもすごくこだわっていて美味しいです。

小山:タレ焼肉、来てますよね。

中田:昔はタレって同じ味になりがちな印象があったんですけど、店主の込山さんはすごく考え抜かれていて。ベースのタレを肉の個性に合わせて少しずつ変えているのがすごいと思います。合間に出てくるシャトーブリアンサンドがとにかく絶品。

秋元:どこかにいた方なの?

中田:用賀の『ら、ぼぅふ』にいらして、その時代からの常連のお客さんも多いみたいです。

秋元:『ら、ぼぅふ』!大好きでした。石橋貴明に紹介してもらって行ったなあ。

中田:お肉好きから込山さんが一躍、人気店に押し上げたと聞きました。すごい先見の明があって、厚切りタンやカウンター焼肉をいち早く始めたとか。

見城:焼肉界のトレンドを引っ張ってきたんだね。となると、タレ焼肉も気になるなぁ。

中田:タレだからこそ際立つ肉の味があるんだと勉強になるんです。これは日本酒にも合うなと思って蔵元さんをお誘いしたら、すごく喜んでくれました。

秋元:〆が気になるから、「ヒデに聞いた」と言って、自分の胃袋で確かめてくるよ(笑)。

ハラミ、カイノミ、サーロイン。

ハラミ、カイノミ、サーロイン(料理はすべて¥17,000のコースの一例)。部位によってタレの味を変える。

和牛のお茶漬け。

和牛のお茶漬け。牛スジやすね肉、焼きあごから取ったスープをかけて。サーロインの脂が溶けだして美味。

<肉は少量ずつ店主がベストな焼き加減に仕上げてくれる。

肉は少量ずつ店主がベストな焼き加減に仕上げてくれる。肉汁を閉じこめながらの焼きテクに唸る!

シャトーブリアンサンド。

シャトーブリアンサンド。濃密な肉の味わいとさっぱりとしたソースの風味がマッチ。

店主の込山秀規さん。

店主の込山秀規さん。焼肉好きのあいだで“レジェンド”と言われる達人。

Yakiniku Komiyama
住所:東京都港区西麻布1-15-9 ラ・アルタ西麻布ビル1F
TEL:03-6434-9729
営業時間:18:00~L.O.24:00
休業日:日曜・祝日
座席数:20席、個室3室
料金:コースは¥14,000~
https://komiyama-nishiazabu.tokyo/

※現在、レストランの営業時間、休業日など記載の情報と異なる場合があります。ご来店時は事前に店舗へご確認ください。

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=鈴木拓也

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる