GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2019.10.02

パスポート不要のイタリアが環七に出現!? 新代田『ダイタリア』 ~切り札レストラン

港区や中央区ばかりではなく、最近は都心から少し離れた私鉄沿線にも良店が続々オープン。いち早く足を運んで、お宝レストランを満喫!

【画像】ダイタリア

都内で気軽に味わえる絶品イタリアン!

中華やフレンチに押され気味だったイタリアンが勢いを盛り返している。郷土系、革新系など個性で勝負する店が増えるなか、注目を集めているのが京王線の新代田駅にほど近い『ダイタリア』だ。

キャッチーで肩の力が抜けるような店名どおり、明るく陽気な雰囲気。キッチン前のカウンターからは佐藤大介シェフが調理をする姿を眺めることができ、そののびのびと楽しげな様子に料理への期待も高まる。

【画像】ダイタリア

大粒しじみとミニトマトのオイルソース スパゲットーニ ¥1,300。しじみの塩味と旨み、トマトの甘みが鮮烈!

【画像】ダイタリア

日高四元豚肩ロースのカツレツ ¥2,300。北海道産の銘柄豚を薄く叩き、衣にまぶしてふわっと揚げた人気メニュー。柔らかな肉を包みこむ香ばしい衣とチーズが好バランス。

【画像】ダイタリア

にぎやか鶏のテリーヌ いちじくとクルミのランブルスコ煮 ¥980。レバーやハツ、胸肉などさまざまな部位を〝にぎやか〞に使用。

【画像】ダイタリア

店主の佐藤大介さんと奥様の華子さん。

気さくなスタッフとともに店を切り盛りする。シェフが作るエネルギッシュな料理はもちろん、接客の気持ちのよさも魅力のひとつ。

黒板に書かれたアラカルトのメニューは野菜に魚に肉にパスタとバラエティ豊かで、運ばれてきた料理の盛り付けの鷹揚な美しさに心を瞬時に奪われる。

豊洲に赴き、直接仕入れをするためメニューはその日によって替わるが、食材の鮮度をそのまま封じこめた料理のエネルギッシュさたるや!食堂のような気軽さと料理の圧倒的ポテンシャルを備えた〝東京のイタリア〞がここにある。

【画像】ダイタリア

カウンターとテーブル席に分かれた店内はアットホームな雰囲気で抜群の居心地のよさ。

Daitalia
住所:東京都世田谷区羽根木1-4-18 
TEL:03-6379-2018
営業時間:17:00~ L.O. 22:00(日曜 ~L.O. 21:00) 
休み:不定休 
座席数:カウンター7席、テーブル14席 
料金:おまかせコース ¥4,200~ ほか

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=菊池陽一郎

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる