MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2024.05.15

ロレックス「デイトジャスト」の超レアモデル! 1960年代中期頃のミラーダイヤル×ゴールド

連載「ヴィンテージウォッチ再考」の第30回は、ロレックス「デイトジャスト Ref.1601/8」を取り上げる。

「デイトジャスト Ref.1601/8」引きカット

金無垢ヴィンテージロレックス「デイトジャスト Ref.1601/8」

ロレックス屈指のロングセラーである「デイトジャスト」。ヴィンテージロレックスにおいて、おそらく最も探しだしやすいのが、リファレンスナンバー(識別番号)4桁の「Ref.1601」だろう。

しかし、1960年代初頭のモデルとなると話は別物。

特に1960年代中期頃のミラーダイヤル製のアルファハンドや、ドルフィンハンドの「デイトジャスト Ref.1601」の個体を見つけるのは難しい。またゴールドのモデルともなると、そのレア度はさらに上がる。

この個体は、極めて珍しい1960年製の「デイトジャスト Ref.1601/8」。18Kイエローゴールドのケースとブレスレット、とりわけリベット(棒状の留め具であるリベットを用いて連結)ブレスレットであることには注目だ。

「デイトジャスト Ref.1601」は通常、ジュビリーブレス(5連リンク)、もしくはプレジデントブレス(半円形の3連リンク)が主流なのだが、1960年代前半のロレックスではリベットブレスが採用されていた。ゴールド製のリベットブレスは、ひと際エレガントな雰囲気を放っている。

また、ヴィンテージウォッチにおいて懸念とされることの多いミラーダイヤルの保存状態も、この年代から配慮すれば艶が十分に残っている。

稀に見る完璧な状態の「デイトジャスト Ref.1601/8」だ。

問い合わせ
アフタ http://after.llc/

■連載「ヴィンテージウォッチ再考」とは
インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
ヴィンテージウォッチ再考

インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

TEXT=戸叶庸之

PHOTOGRAPH=高橋敬大

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる