MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2024.02.14

ヴィンテージロレックス、約6億円で落札された、究極ウォッチ「オイスター パーペチュアル Ref.6062」とは

連載「オークションから読む高級時計の行方」の第16回は、ロレックスの「オイスター パーペチュアル Ref.6062」を取り上げる。

「オイスター パーペチュアル Ref.6062」ゴールドモデル 

約6億円で落札された、ベトナム皇帝の「オイスター パーペチュアル Ref.6062」

ヴィンテージロレックスの市場にて、圧倒的な存在感を放ち続ける「コスモグラフ デイトナ」。しかし、それとはまったく異なる立ち位置で注目されている究極のコレクターズアイテムが、「オイスター パーペチュアル Ref.6062」だ。

「オイスター パーペチュアル Ref.6062」は、プロフェッショナルモデルの登場に先駆けて1950年に発表。当時のロレックスは複雑機構の開発に注力しており、トリプルデイトとクロノグラフを兼ね備えた通称“キリーウォッチ”を筆頭に、独自路線を歩んでいた。

1950~53年にかけて製造されたRef.6062は、ロレックスの歴史上ふたつ目となるトリプルカレンダーとムーンフェイズを組み合わせた複雑機構搭載モデル。デザインのバリエーションは実に多彩で、ケースはイエローゴールド、ピンクゴールド、ステンレススチールの3種類、ダイヤルも6種類ある。

これまでオークションに出品されたRef.6062のなかで最も高額で落札されたのは、2017年5月にフィリップスの時計オークションに出品された、ベトナムの皇帝バオ・ダイが所有していたイエローゴールドモデルだ。

ブラックダイヤルにダイヤモンドのインデックスを備えたそのRef.6062は、たった3本しか製造されていないと言われており、なかでもバイ・ダイの時計の文字盤はひとつしかない。当時の為替レートでの落札額は506万スイスフラン(日本円で約5億7645万円)。この落札額は2017年5月の時点において、ロレックスの時計でオークション史上最高額を記録した。

こうした例からも、Ref.6062がヴィンテージロレックスの市場でいかに特異な時計であるかが分かるだろう。以下、2023年にフィリップスの時計オークションで落札された2本を紹介する。

圧倒的価値を持つふたつのRef.6062

ステンレススチール製のRef.6062の製造本数は、イエローゴールドよりもはるかに少ない。つまり、存在自体が極めてレアというわけだ。

2023年11月、スイス・ジュネーブで開催した時計オークションに出品されたRef.6062のステンレススチールモデルは、3時位置と9時位置のアラビアンインデックス、そしてツートーンカラーのダイヤルが特徴的な1本。

驚くべきはそのコンディションで、ロレックス鑑定家たちから「近年、オークション市場に出回ったステンレススチールのRef.6062のなかで、最も保存状態の良い個体である」と言った声も聞こえるほど。

当然、ヴィンテージウォッチとしての価値が非常に高く、予想落札額100万~200万スイスフランを上回る、211万7000スイスフラン(日本円で約3億5420万円)という高額で落札されることになった。

こちらは、2023年11月に香港の時計オークションに出品された、星型インデックスを配したイエローゴールドモデル。

欠損はほとんど見当たらず、ケースも未研磨の状態。プラスチック製の風防も一度も交換がされておらず、伸びやすいブレスレットも工場出荷時とほぼ変わらない状態をキープしている。全体として、ヴィンテージウォッチとして極めてコンディションがよく保たれている逸品だ。

また、この時計の過去の所有者はヴィンテージ時計の世界で最も尊敬をされているコレクターのひとりであり、そういった“来歴の確かさ”や保存状態のよさも相まって、711万2000香港ドル(日本円で約1億3950万円)で落札されることとなった。

極めてニッチなモデルであるRef.6062がオークションで注目を浴びるのは、揺るぎない価値を持つコレクターズアイテムであるからだ。ロレックスでは数少ない複雑機構搭載モデルはオークション界隈のスターであり、その立ち位置は今後も変わることないだろう。

■連載「オークションから読む高級時計の行方」...
新興の富裕層を巻き込み、かつてない白熱した落札が繰り広げられる時計オークション。本連載では、ジャンルは一切問わず、高級時計のトレンドを占う注目の時計をフォーカスする。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
オークションから読む高級時計の行方

インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

TEXT=戸叶庸之

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる