MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2023.10.08

ヴァシュロン・コンスタンタン、ウブロ。高級時計に合う装いとは

どんなに高級な時計や鞄を持っていても、それを身につける装いがなおざりでは、かえって悪目立ちする結果になりかねない。誰もが憧れる名品には、それに見合った着こなしが必須である。今回はヴァシュロン・コンスタンタンウブロの名品時計とコーディネイトを紹介。【特集 テーラード2023】

名品時計2選

高級時計を纏うなら装いも紳士たれ!

昨今の時計の楽しみ方は、世の中のデジタル化によって大きく変化し、よりアクセサリーとしての側面が強くなっている。また、日本では海外に比べて華奢な体型が多いこともあって、女性的イメージのある小径時計の人気も上昇中だ。時計にも多様性の時代が来ているということだろう。

そんな時代の変化では、高級時計も単体としてのステータスではなく、時計に合った着こなしにも視線が集まっている。要は、ただ持っているのではなく、自身の体型やコーディネイト、纏う雰囲気などに、時計が合っているかが肝要ということだ。

例えば、細身でスキニースタイルを好む方には小径を、旬なオーバーサイズのストリート系ならボリューミーなハイテクウォッチ、といったように。さらに、ムーンフェイズやクロノグラフ、トゥールビヨンといった機構までもがデザインの一部としても見られており、“高級時計でお洒落をする”ことが、新たな楽しみ方なのだ。

裏を返せば、高級時計が複数必要ということ。そんな贅沢なお洒落ができるなんて、それこそ、エグゼクティブならではの楽しみ方ではないだろうか。

1. ヴァシュロン・コンスタンタン/時代を選ばないシンプルさが腕元で別格のオーラを放つ

ブランドを代表する「パトリモニー」コレクションから独立し、2014年に誕生した「トラディショナル」コレクション。ドーフィン型の針やレイルウェイ・ミニッツトラックなど、古きよきレトロ時計を思わせる。ミニマルなデザインに呼応するように、18KPGケースとアリゲーターストラップが、こなれ感を醸しだしクラシック感を後押し。

ヴァシュロン・コンスタンタン「パトリモニー」
手巻き、18KPGケース、径38㎜。¥3,388,000(ヴァシュロン・コンスタンタン TEL:0120-63-1755)

STYLE|チラ見えするだけで男の威厳がグッと上昇

クラシカルなダブルのスーツは、フォーマルさと同時に回帰トレンドにもマッチ。三針時計がさらに箔をつける。

ヴァシュロン・コンスタンタンに合わせたコーディネート
スーツ¥144,100(タリアトーレ/トレメッツォ TEL:03-5464-1158)、シャツ¥16,500(ビームスF /ビームス ハウス 丸の内 TEL:03-5220-8686)、タイ¥17,600(ステファノ カウ/バインド ピーアール TEL:03-6416-0441)、チーフ¥14,300(ディエッフェ・キンロック/伊勢丹新宿店 TEL:03-3352-1111)、ソックス¥3,740(パンセレラ/真下商事 TEL:03-6412-7081)、靴¥290,400(ジョンロブ/ジョン ロブ ジャパン TEL:03-6267-6010)

 

2. ウブロ/重たさを感じさせないブラック・モード

時刻を見るというより、人に魅せるアクセサリー的な側面を持つのも、今や高級時計を身につける醍醐味。その好例ともいえるのが、「ビッグ・バン」と肩を並べるアイコンモデルの「スクエア・バン」だ。ボリューミー&マットブラックとあれば、本来は重厚なもの。しかし文字盤やビスとのコントラストがそれを感じさせず、軽快な印象を与える。

ウブロ「スクエア・バン」
自動巻き、ブラックセラミックケース、42㎜。¥3,630,000(ウブロ TEL:03-5635-7055)

STYLE|シンプルな装いを遊び心ある装いに格上げ

手元での存在感を強調させるべく、スタイリングはミニマルにまとめたい。とはいえ時計に負けないよう、レザーなどの強インパクトな1着が必須だ。

ジャケット¥176,000(タリアトーレ/トレメッツォ TEL:03-5464-1158)、ニット¥47,300(カナーリ/コロネット TEL:03-5216-6521)、デニム¥42,900(ピーティー トリノ デニム/PT JAPAN TEL:03-5485-0058)、サングラス¥54,010(オリバーピープルズ/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス TEL:0120-990-307)、靴¥36,300(ポルペッタ/ビームス ハウス 丸の内 TEL:03-5220-8686)

【特集 テーラード2023】

この記事はGOETHE2023年11月号「総力特集:型にはまらない紳士服」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=細谷駿人

PHOTOGRAPH=谷田政史(CaNN)

STYLING=笠島康平

HAIR&MAKE-UP=EIJI SATO(SIGNO)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる