MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2023.10.06

ベルルッティ、ザ・ロウ。ワンランク上の着こなしを叶えるバッグ2選

どんなに高級な時計や鞄を持っていても、それを身につける装いがなおざりでは、かえって悪目立ちする結果になりかねない。誰もが憧れる名品には、それに見合った着こなしが必須である。今回はベルルッティ、ザ・ロウの名品鞄とコーディネイトを紹介。【特集 テーラード2023】

ワンランク上の着こなしを叶えるバッグ2選

1. ベルルッティ/艶っぽいコンビ素材が目を引く新ライン

ベルルッティの鞄
バッグ[H30.5×W38.5×D14.5㎝]¥434,500、スーツケース[H51×W35×D22㎝]¥1,094,500、ジャケット¥482,900、ニット¥264,000、パンツ¥202,400、ブーツ¥403,700(すべてベルルッティ/ベルルッティ・インフォメーション・デスク TEL:0120-961-859)

ベルルッティの新バッグライン「トワル・マルブフ」。パリ・マルブフ通りのブティックの階段の手すりに採用されたモチーフを全面に配し、光沢あるヴェネチアレザーとキャンバス素材が色気を演出。ブリーフは、トロリーにアジャストするスリットつき。

STYLE|気取ってないけどキマる現代的エレガンス

主張の強いバッグとあれば、装いはシンプルがいい。ミドルゲージのニットにシャープなセットアップなら、ゆったり感と洗練さを両立させ、エレガントな大人の余裕を滲ませる。

 

2. ザ・ロウ/オン・オフ兼用の存在感あるトートバッグ

ザ・ロウの鞄
バッグ[H30.5×W43.2×D25.4㎝]¥944,900、ジャケット¥361,900、シャツ¥152,900、デニム¥206,800(すべてザ・ロウ/ザ・ロウ・ジャパン TEL:03-4400-2656)

ソフトな質感のまま男らしさを演出する、ポリッシュ仕上げのサドルレザーを採用。たっぷりとした容量を持ち、ヘリンボーンライニングがマッシブな印象を後押しする。一方で、サイドにつけられたアジャスターベルトの高光沢バックルが、アクセントに。自立し、肩掛けできるハンドルサイズなど、実用性においても申し分なしだ。

STYLE|ビッグトートに負けないオーバーサイズが肝

3ボタンのクラシックディテールを添えながらなめらかな質感とロング丈が、今時なリラックスした雰囲気を構築。ひらひらと裾が揺らぎ、色気を感じさせるのもポイントに。ワイドデニムを合わせたカジュアルな装いは、バッグの男らしさが際立ち実に好相性だ。

【特集 テーラード2023】

この記事はGOETHE2023年11月号「総力特集:型にはまらない紳士服」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=細谷駿人

PHOTOGRAPH=谷田政史(CaNN)

STYLING=笠島康平

HAIR&MAKE-UP=EIJI SATO(SIGNO)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる