MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2022.07.03

クリエイティブ脳をシゲキする、最新時計4選

美しいデザインや斬新な機構など、魅惑的な腕時計との出合いは大きなシゲキとなり、新たな考え方やアイデアを生みだすきっかけにもなるだろう。シゲキ的な高級腕時計を厳選。【特集 高級腕時計のシゲキ】

ハリー・ウィンストン/創業地に思いを馳せる芸術的なストラクチャー

HW オーシャン・レトログラード セコンド オートマティック 42mm

HW オーシャン・レトログラード セコンド
オートマティック 42mm

時刻表示をオフセンター配置し、空いたスペースには30秒タイプのレトログラード式秒針を収める。その動きも楽しい。自動巻き、18KRGケース、径42.2mm。¥5,841,000(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション TEL:0120-346-376)

ニューヨークで創設し、現在はスイスにも時計部門の拠点を持つハリー・ウィンストン。そのルーツを大切にしており、デザインにも反映。このモデルもニューヨークでよく見られる鉄骨建築を思わせる構造をダイヤルに取り入れ、構築的かつ独創的な個性を加える。

チューダー/タフさと機能性でシゲキ的な毎日を

ブラックベイ プロ

ブラックベイ プロ
ベゼルの24時間目盛りと組み合わせて使うイエロー針は、ホームタイム表示。センター時針は、リューズ操作でジャンプするローカルタイムを表している。自動巻き、SSケース、径40mm。¥419,100(日本ロレックス/チューダー TEL:0120-929-570)

多くの冒険家から愛されてきたチューダーらしいがっちりとしたケースは、200m防水。ここにGMT機能を持つ自社製のCal.MT5652を搭載し、世界で使える時計に。ファブリック製のストラップは肌当たりがよいので、デイリーウォッチとして楽しめる。

レゼルボワール/好奇心をシゲキするギミックとモチーフ

ソノマスター クロノグラフ

ソノマスター クロノグラフ
計器からインスピレーションを受けた時計を製作する同社が、新たに着目したのがアナログアンプのメーター。右がカレンダーで、左が30秒秒針だ。自動巻き、SSケース、径43mm。¥885,500[2022年7月発売予定](一新時計 TEL:03-6854-5802)

時計好きはクルマ好きも多いといわれるが、オーディオを好む人も少なくない。アナログな温かみという共通項に惚れるのだ。これは古いアンプのメーターをイメージした、ふたつのレトログラード表示を持つクロノグラフ。巧みなデザインと色使いが、心に染み入る。

グラスヒュッテ・オリジナル/レトロスペクティブなダイバーズウォッチ

SeaQ
レッドゴールド

ラバーストラップはトロピックというタイプで、1960年代に流行した。ケースをマット仕上げにして、タフな雰囲気を引きだした。自動巻き、18KRGケース、径39.5mm。¥2,794,000(グラスヒュッテ・オリジナル ブティック銀座 TEL:03-6254-7266)

1969年に誕生したダイバーズウォッチをアップデートさせ、レトロな味わいと現代的な機能性を両立。200m防水ながらケース素材はレッドゴールドを採用し、ケースバックもシースルー。スペック的には海にも潜れるが、都会でこそ映える時計である。

【特集 高級腕時計のシゲキ】

TEXT=篠田哲生

PHOTOGRAPH=藤本憲一郎(A.K.A)

STYLING=石川英治(T.R.S)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる