秋元康が驚愕。政財界のそうそうたる人たちが密かに通うステーキサロン『ペントハウス』 ゲーテイスト2018

シンプルに、肉だけをガツンと喰らいたい時もある。プロの焼き師による焼き肉に、分厚いステーキたち......。肉を語りだしたら止まらない3兄弟、パッショナブルでいるためには、やっぱり〝肉〞が源。

創業45余年の老舗。伝統の焼き方の格別ステーキ

秋元 肉シリーズで挙げるなら、ここ。1971年創業の老舗ステーキサロンです。

見城 政財界の錚々たる方々も通っているらしいよね。

秋元 メニューはおまかせのコースのみで、肉のボリュームによって金額が異なるのだけれど、予算は3万円程度。で、ステーキは「何グラム召し上がりますか?」ってまず聞かれるの。

小山 自己申告ですか? せいぜい200gくらい?

秋元 そう思うでしょ? 男性だと大体250gくらい注文するんだけれど、僕は300gでちょうどよかった。

見城 300g! なかなかやるね〜。

秋元 主に宮崎県産の黒毛和牛や神戸牛、松阪牛のサーロイン、フィレ、シャトーブリアンにこだわっている。フィレとサーロインが選べてハーフ&ハーフでもいい。何がいいって、とにかく手際よくステーキをポンと焼いてくれるところ。味付けはシンプルに塩だけ。醤油とマスタードで食べさせてくれる。

見城 肉以外には何があるの?

秋元 白いご飯と味噌汁。

見城 いや、その前、その前。

秋元 前菜で牛肉の刺身があって、グリーンサラダ。思い切りがいい。最高の組み合わせでしょ? しかも銀座なのに、気取ってないところがいい。

小山 創業45年以上なんですね。

秋元 歴史がありますよね。お店伝統の焼き方で焼いたステーキは、別格なんです。

1971年創業の歴史ある会員制ステーキハウス。

見城 予算3万はそこそこ高いじゃない。

小山 それだけ美味しいってことですね。興味ある。でも会員制じゃないんですか?

秋元 一見さんお断りの会員制。この店のすぐ上に『ペントハウス銀座hanare:』という姉妹店があって、同じものを食べられます。一般客でも入れるらしい。

上階の『ペントハウス銀座 hanare:』。テーブル18席、カウンター5席『。ペントハウス』と同じメニューが味わえる。

見城 まずはそこから、だね。

Penthouse
TEL:非公開(『ペントハウス銀座 hanare:』03-3573-5540)
住所:東京都中央区銀座8-5-9 民友ビル3F
営業時間:17:30〜L.O.22:00
休み:日曜・ 祝日
席:テーブル18席、カウンター 5 席

Text=粂 真美子 Photograph=田村浩章