MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2024.01.15

幸せは、SNSで競うものでも自粛するものでもない。【吉本の人気講師が考える2024年の幸福論】

放送作家、NSC(吉本総合芸能学院)10年連続人気1位であり、王者「令和ロマン」をはじめ、多くの教え子を2023年M-1決勝に輩出した・桝本壮志のコラム。

「桝本さん、ハッピーって何でしょう?」

そんな問いをいただきました。

さあ、ハッピーとは何なんでしょう?

仕事をし過ぎないこと?

趣味や余暇に時間を割くこと?

お金に執着せず、稼ぎはそこそこでいい?

なかなか深い人生の問いですね。

今週は、第一志望だった夢は廃業し、借金苦に悩み、離婚も経験した僕がたどり着いた“ハッピーとは何か?”を綴りたいと思います。

ハッピーは、競うものでも自粛するものでもない

まず、SNSを開けばハッピーが溢れていて、つい誰かと“幸せくらべ”をしてしまいがちですが“ハッピーは競争するものではありません”。

なぜなら、10万円の高級寿司を食べて「幸せだなぁ」と感じる人と、自分で釣った0円の魚を塩焼きにして「幸せだなぁ」と感じる人では、同じタイムライン上にいても“競技が違う”からです。

さらに、ハッピーは“自粛するものではありません”。

連日のように天災や胸を痛める事件が起きていますが、そんなときにハッピーな投稿や振る舞いをすると、必ず「不謹慎」と言ってきたり、叩いてくる人がいます。

たしかに「おもんぱかる」や「心をくばる」は、日本人の美しいマインドですが、あなたが笑顔でいること、お金を使うこと、快活に過ごすことは、回りまわって誰かにエネルギーを与えることもあるので、あなたがハッピーに生きることは“社会貢献や社会支援”とも言えるのです。

まず、ハッピーとは競うものでも自粛するものでもない。

これを頭に入れて次にステップしましょう。

人生の終わりに「幸せ51:不幸49」ならハッピー

私たちは「幸せ」を求めながら生きていますが、人生は“みんなが幸福になれるように設計されていません”。

受験、就職、結婚では「競争」が生まれますし、資本主義は「格差」を生みますし、国家に属しているだけで隣国の「対立」や「脅威」にさらされたりするからです。

僕の30代までの人生も、同期のブラマヨ、野性爆弾、チュートリアルらとの出世競争に負けて芸人を廃業。作家としてリスタートするも時間と自信を奪われ続け、気づけば借金苦。奥さんにも愛想を尽かされ離婚となり、「なんて不幸なんだ!」と、社会や周囲を呪って生きておりました。

そんなとき、先輩テレビマンのひと言にハッとしたんです。

「自分の不幸ばかりカウントする人生になってないか?」

「人生最後の日に、幸せ51:不幸49だったら勝ちじゃね?」

そう。卑屈になっていた僕は、指折り「不幸」を数えて、日差しの温かさ、他者のやさしさなど、単調な日常にある「幸せ」をスルーしていたのです。

先輩がおっしゃる通り、人生は幸せになるように設計されていないのだから“いつかお迎えが来たときに「幸せだな」と感じられることが、たった1つでも多ければハッピー”なんです。

人は、自分の不幸には敏感ですが、幸福には鈍感です。

「ハッピーになりたい」と願うより「ハッピーだなぁ」と感じる心を手に入れ、増やしていくことが大切なんですね。

ハッピーとは? 「キャッチボールの球」でした

最後は、「ハッピーとは何か?」へのアンサーです。

そしてこれは、手っ取り早くハッピーになりたい人にオススメの方法でもあります。

僕はよく、生徒たちに“幸せになりたいのならボールを回せ”と伝えます。

人は、自分をハッピーにする力はあまり持っていませんが、誰かをハッピーにする能力には長けている生き物です。

家族のために残業を頑張るお父さん、子供のために美味しい料理を作るお母さん、親友のためにサプライズパーティーを企む友人たちがそうですよね。

ハッピーとは、競わず、自粛せず、増やしていく。

そして、キャッチボールの球のように他者に与えていけば、いつか自分にその球は返ってくる。そんなものではないでしょうか。

それではまた来週お逢いしましょう。

桝本 壮志/Soushi Masumoto
1975年広島県生まれ。放送作家として多数の番組を担当。タレント養成所・吉本総合芸能学院(NSC)講師。王者「令和ロマン」をはじめ、多くの教え子を2023年M-1決勝に輩出。
この連載をもっと読む

連載
桝本壮志コラム

放送作家を中心に活躍する傍ら、NSC(吉本総合芸能学院)の講師として10年連続で人気投票数1位を獲得している桝本壮志さんのコラム。

COMPOSITION=古澤誠一郎

TEXT=桝本壮志

PHOTOGRAPH=杉田裕一

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる