MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2024.01.04

悲願の初優勝! 現役アスリート社長、バスケ女子・高田真希

バスケットボール女子のデンソーでチーム一筋16年の高田真希(34歳)が悲願の日本一を手にした。2023年12月の皇后杯全日本選手権ファイナルラウンド決勝で、10連覇を狙ったENEOSに89-56で快勝。過去に皇后杯で7度、Wリーグで2度の準Vを経験しており、10度目の決勝でついに頂点に立った。連載「アスリート・サバイブル」

バスケットボール女子​・高田真希。
第90回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会​にて​、悲願の初優勝を遂げて喜ぶ、デンソーの高田真希。

デンソーが悲願の初優勝、チーム一筋16年の高田がMVP

ついに殻を破った。2023年12月12日、東京・代々木第2体育館で開催された皇后杯ファイナルラウンド決勝は3年連続の同カード。デンソーが序盤から主導権を握り、ENEOSの10連覇を阻止した。

21得点の活躍でMVPに輝いた高田真希はコート上の優勝インタビューで「やりましたー!」と絶叫。

「16年やってきて初めての日本一。なかなか結果を出せず、このまま優勝できずに終わるのかなと思ったことも何度もあった。何度も負けたけど、やり続けた。そこは自分を褒めたい」と歓喜に浸った。

「結果が出なくてもやり続けたこと、その過程に意味がある」

桜花学園高(愛知)卒業後の2008年にデンソー加入し、チーム一筋16年。皇后杯は7度、Wリーグでは2度の準優勝を経験したが、決勝はすべてENEOSに屈して優勝には縁がなかった。

「結果が出ないので辞めたいなと思った時期もある。何かに挑戦する時にすぐうまくいく人もいれば、なかなか結果を出せない人もいる。結果が出なくてもやり続けたこと、その過程に意味がある。この姿がいろいろな人に何か影響を与えられればいいと思います」

日本一まで16年を要したが、競技人生の実績は輝かしい。

Wリーグで2008年~2009年シーズンに新人王、2013年~2014年シーズンにはMVPを獲得した。2009年から日本代表で活躍し、2016年リオ五輪では主力として8強入りに貢献。2021年の東京五輪では主将を務め、五輪で男女通じて初の表彰台となる銀メダルを手にした。

34歳になった現在も日本代表の中心選手として活躍する。

2024年2月8~11日にパリ五輪世界最終予選を控えており、1月中旬からは合宿がスタートする予定。替えの効かないインサイドの選手として、絶対的な地位を確立している。

2020年にはイベント会社「TRUE HOPE」を設立し、自ら代表取締役社長に就任。スポーツ教室やトークイベントなどを通して子供たちの夢をサポート、スポーツの魅力を発信する活動を行っている。

ヘルスケアサービスの会社を展開するサッカーの長友佑都(FC東京)ら社長を務めるアスリートはいるが、女子バスケのようなアマチュアリーグ所属選手では異例の取り組みといえる。

高田は引退後のセカンドキャリアも見据えており「引退後に何をするかを考えるなかで、影響力のある現役のうちに活動を始めたいと思い、会社を設立した。培ってきた経験や技術、自分にしか伝えられないものを還元したい」と熱い思いを口にする。

キャリアで欠けていた“日本一”のピースが埋まった今だからこそ言えることがある。

「日本一だけがフューチャーされるのはよくない傾向だと思っていた。日本一以外がダメかといえば、そうではない。(2021年の東京)五輪は過程が素晴らしかった。五輪を経験したことで、結果が出なくても過程に納得すればいいのかなと、思えるようになった。自分のこういう姿を見て、みなさんの日々の活力になってくれたらうれしい。そこに日本一の意味があると思う」

優勝直後の公式会見で高田は「これで殻を破れたと思う。でも課題もあるので、満足せずにやっていきたい」と視線を上げた。

Wリーグ制覇、パリ五輪での金メダル獲得など2024年も大きな目標となる大会が続く。日本女子バスケ界の大黒柱の挑戦は終わらない。

高田真希/Maki Takada
1989年8月23日愛知県豊橋市生まれ。小学5年の時にバスケと出合い、中学から本格的に競技に取り組む。桜花学園高(愛知)から2008年にWリーグのデンソーに加入した。ポジションはセンター。コートネームは「リツ」で、“リ”バウンドを“つ”よく取るが由来。身長1m83cm。

■連載「アスリート・サバイブル」とは……
時代を自らサバイブするアスリートたちは、先の見えない日々のなかでどんな思考を抱き、行動しているのだろうか。本連載「アスリート・サバイブル」では、スポーツ界に暮らす人物の挑戦や舞台裏の姿を追う。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
連載「アスリート・サバイブル」

時代を自らサバイブするアスリートたちは、先の見えない日々のなかでどんな思考を抱き、行動しているのだろうか。本連載「アスリート・サバイブル」では、スポーツ界に暮らす人物の挑戦や舞台裏の姿を追う。

TEXT=木本新也

PHOTOGRAPH=森田直樹/アフロスポーツ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる