MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.12.29

音楽関係者から唯一無二の声と絶賛される、注目のシンガーソングライター・iriとは

RADWIMPSの野田洋次郎や音楽関係者から唯一無二の声と称され、ドラマ主題歌や数多くのブランドのタイアップソングに抜擢されるなど、今注目のシンガーソングライター・iri。2022年12月21日に配信したシングル曲「Roll」をはじめ、彼女の楽曲では私的な日記のように彼女の内面が歌われ、飾りのない裸の言葉が吐露される。そんな彼女の素顔に迫った。

シンガーソングライター iri

ニット 参考商品(ジ エルダー ステイツマン/サザビーリーグ TEL:03-5412-1937)、スカート ¥35,200(アウル/レザボア TEL:03-6712-5812)、ブーツ ¥64,900(ニードルズ/ネペンテス ウーマン トウキョウ TEL:03-5962-7721)

「私的な日記のように音楽を綴っていきます」

解放、憧れ、希望、こわれそうな心……。シンガーソングライター、iriが2022年12月21日に配信したシングル曲「Roll」はシンプルなビートに後押しされるように、彼女の内面が歌われていく。飾りのない裸の言葉が吐露される。

いいの? そんなに正直でいいの? リスナーはそう思いながらも、心が揺れながら暮らしているのは自分だけではない――と知り、救われる。

「シングル曲やアルバムのリード曲は、テーマを決めずにつくることが多くて。その時の私のありのままの心情、心境をリアルに歌っています。『Roll』も、28歳の、今の私です」

噓の混ざらないiriの言葉や声に、聴く人は共感する。

「できあがった曲を聴いて、恥ずかしくなることはあります。私の心の中を見せすぎちゃったな……と。自分の思うことを自分に向けて歌ってきて、それを多くの人にも聴いていただいている感覚なんです。プライベートを綴った日記を読まれてしまっているような」

確かにこれまでのiriの楽曲「会いたいわ」も「Watashi」も、やわらかな心のなかを覗かせてもらった気がした。

「デビュー前からずっとこうやって曲をつくってきたし、今はこれしかできないんですよ」

iriは神奈川県の逗子で生まれ育った。高校生の時、自宅にあった母親のアコースティックギターを手に取り、弾き語りを始める。海辺で歌ったり。潮の香りのする路地で歌ったり。

「子供のころからちょっと集団行動が苦手で、ひとりでいる時間が好きでした。頭の中に浮かんだ言葉をノートに書き連ねて、音楽にしていました」

やがて曲が増え、人の集まる場所でも歌うようになった。

「人前で歌うようになったのは18歳くらいの時からです。逗子海岸から小道を一本入った路地裏に、シネマカフェがあります。食事をしながら映画を観られる小さなシアター。オーナーにお願いして、そこで歌わせてもらえるようになりました。隣町の鎌倉の小町通りにある地元で愛されているジャズクラブでも歌うようになりました」

パフォーマンスしている時は、自分が自分であることを感じられた。ずっと音楽で生きていきたいと思った。

シンガーソングライター iri

iri
1994年神奈川県生まれ。地元のJAZZ BARで弾き語りのライヴ活動を始め、2016年にアルバム『Groove it』でメジャーデビュー。’22年10月にはiri×メルセデスAMG SLタイアップソング「friends」を配信リリース。

そして2014年、ソニーミュージックとファッション誌が合同で開催したオーディション「JAM」のミュージック・パフォーマンス部門でグランプリを獲得。翌年デビューした。

iriの音楽はジャンルでくくりづらい。R&B、ヒップホップ、ラップミュージック……、さまざまな音がフュージョンして、曲によって異なる顔、異なる表情を見せてくれる。

「緻密に計算した音づくりは敢えてやっていないからかもしれません。頭のなかで生まれたメロディをもとに、トラックメーカーの方に音をつくっていただいて言葉を乗せたり。ギターの弾き語りをしたり」

ギターの弦を押さえ音を出していると、思いもよらぬコード進行に出合えるという。

「そんな縁をとても大切にしています。偶然の音をループしているうちに言葉が生まれてきます。それを音に乗せていく。すると、自分でも気づかなかったような新しいメロディや歌詞になっていくんですよ」

誰かの真似をしないことはもちろん、過去の自分自身に似たくもない。自分がつくった音に自分で驚き続けたい。

「音楽がなかなかできないことももちろんあります。でも、苦しみは苦しみのまま楽曲にできればいいかな。そうしていると、音楽=自分という感覚になってきます。今はすべてを音楽に捧げる思いです」

iri「Roll」

「Roll」
2022年12月21日配信限定シングル。デジタルのリフで構成されたダンサブルなトラック。生々しい心の揺れを描くリリック。音と言葉のギャップは特に刺激的で、一度聴くと脳内でいつまでも鳴り続ける。

TEXT=神舘和典

PHOTOGRAPH=長弘進

STYLING=服部昌孝

HAIR&MAKE-UP=フジワラミホコ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる