GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2020.12.18

近藤太香巳「佐島の高台に佇む贅沢空間で仲間と感動体験を共有する」【隠れ家特集】

ネクシィーズグループ代表取締役社長 兼 グループ代表 近藤太香巳氏の佐島の高台に佇む邸宅は9月に完成したばかり。社員と語り合い、楽しめるようにこだわり尽くした空間は、まさに絶景が広がる自然のエンターテインメントーー。

近藤太香巳氏

自然のエンタテインメントによる感動体験を味わえる場所

三浦半島・佐島の海を背に、坂道を上る。目印は邸宅の壁に描かれた上昇する3本の矢。近藤太香巳氏率いるネクシィーズグループのロゴマークだ。

9月に完成したこの建物のコンセプトは“仲間たちと語り合える場所”。近藤氏は居心地にとことんこだわった施設だ。

エントランス

エントランスのトーチがゲストを迎える。

「社員とともに熱く語り合い、楽しめる空間にしたかったんです。そして、近くに経営者仲間の別荘も多いので、実業家同士で交流できるのもいいです。今はなかなか集まれませんが」

ハワイのコンドミニアムをはじめこれまで作ってきた福利厚生施設とは異なり、ここは初めての一軒家。ゆえにコンドミニアムではかなえられない“エンタテインメント”を充実させた。

プライベートテラス

マスターベッドルームの外にはプライベートテラスが。今後サウナも設置予定。

「とはいえ、派手な仕掛けではなく、あくまでも落ち着いた空間であること。重要なのは訪れた社員や仲間が、ここでいかに心地よく過ごせるかなんです」

その言葉の意味は、エントランスから感じることができる。重厚な扉を開けると、光煌めく水盤と緑を湛えた前庭が。アートを配した広いロビーから、最上階のリビングへは360°ガラスの特別な透明エレベーターで。上昇すると、目に飛びこんでくる景色に期待感も高まる。

ロビー

ロビーには、オリジナルデザインの木製ベンチを設置。自然とここに人が集まり、写真スポットに。

そしてリビングに足を踏み入れた瞬間に広がる、佐島を一望する絶景こそが、まさに自然のエンタテインメントだ。

屋内にはシアタールームや、海を眺めながら数人で入れる大きなバスルームも完備。さらに各所に飾られているアートコレクションにも人を楽しませる仕掛けがある。作品の横にあるQRコードを読み取ると、作品の制作風景などアーティストの情報を見られ、訪れる人を飽きさせない工夫が施されている。

シアタールーム

シアタールームは床や壁に低反発フォームを敷き詰めてあるため、歩く足も気持ちよい。

そんなエンタテインメントの最たる場所が屋上だ。バーベキューグリルもあるウッドデッキの奥には、シアターつきの温水プールを設置。MVや映画を見ながら過ごせる。なかでも近藤氏一番のお気に入りは、円形のソファ。

「みんなで円卓を囲んで食事などをともにしながら心が近づく場所にしたいと思ったんです」

屋上の円形ソファ

近藤氏のお気に入りの場所が、この屋上の円形ソファ。「ここに座って、その眺めを体験してほしい! 」屋上にはバーベキューグリルも完備している。

そして何物にも代え難いのが、その眺めだ。

「座ると視線が下がり、見えるのは海だけになるんです。ここからの夕陽は本当に最高です」

インフィニティプール

水温38度のインフィニティプール。右の壁に映像モニターが。「夜は幻想的なライティングに。シャンパンでも飲みながら、ゆっくり楽しんでほしいですね」

この建物をデザインしたT&Cジャパンの秋葉達雄氏は、施主とのイメージ共有のために、設計段階から実際のソファや照明、眺望にいたるまで完璧に描きこんだCGを作成する。そのため、完成イメージは十分にわかっていた近藤氏だが「初めてここに座った時にCGを超える、息を飲むような眺望が広がっていました」と、想像以上の感動を体験したという。

以前ハワイのコンドミニアムの際には「遊びたくなると思ったが、心地よい空間にいると実は仕事がはかどる」と言っていた近藤氏。

明るい前庭

外国のリゾートのような明るい前庭。エレベーターはワイヤーではなく油圧で上昇するため独特の浮遊感がある。

「今のほうが、その思いは強いですね。このコロナ禍で、どこでも仕事が可能になった。ならば、快適な場所にいたほうが頭の回転も発想力も高まります」

未曽有の状況に世間ではマイナス要因ばかり取り上げられるなか、ネクシィーズグループは社員給与を100%保証。営業部隊を少人数ユニットにし、全国の拠点を20以上増やすなど、攻めの姿勢を止めていない。

今坂庸二朗の「Illuminating Earth 47」

屋内の至る所にアートが。ロビーには今坂庸二朗の「Illuminating Earth 47」。

すぎやまたくやの「虚空」

すぎやまたくやの「虚空」はこのリビングのために描かれた作品。

デイヴィッド・シュリグリーの作品の数々。

デイヴィッド・シュリグリーの作品の数々。「建物の雰囲気に合わせて明るいアートを選んだ」と近藤氏。

「コロナ禍だからできない、ではダメなんです。例えばリモート主体だからこそ、現在のオフィススペースでも人材を増やすことができるし、新規店舗も今までにない、理想的な候補地が出てくる。ピンチをどうチャンスに変えるかだと思います」

この地はそんな発想の場にもなるはずだと、皆で集う時を楽しみにする。

階段下のエッジに埋めこまれた照明

階段下のエッジに埋めこまれた照明が空間を雰囲気よく灯す。

ネクシィーズグループの全国の拠点をまわれば、毎回社員と5〜6時間は語り合うという近藤氏。現在は社員とのオンラインディスカッションを常時開催。事前に全員に同じおつまみを送るなど一体感を高め、その盛り上がりに時間を忘れることも。

「どんな形でも、コミュニケーションがやっぱり大事。この場所で仲間と語り、感動体験を与えたい。今まで見えなかった景色を体験すれば、またがんばろう、また来たいというモチベーションになると思います」

近藤太香巳氏

「ここに来ると、いつもこの場所から景色を眺めています」。ダイニングにいる人からも景色が眺められるよう、ミノッティのソファを置いたフロアは床を一段下げている。

社員や仕事仲間と、心の底から楽しみながら熱く未来を語り、次のステップへと続く情熱を育む。それが近藤氏にとっての大切な場なのだ。

 

佐島の家の全景

佐島の家の全景。尖った天井を持つ大きな窓の部分がリビング。

所在地:横須賀市佐島
敷地面積:431.03m
延べ床面積:414.15m
構造:RC鉄筋コンクリート造

 

近藤太香巳氏

つい最近手に入れたロッカクアヤコの作品と。

Takami Kondo
1967年大阪府生まれ。’87年創業。2004年に当時最年少創業社長として東証一部に上場。ネクシィーズ・ゼロ、セルフエステBODY ARCHIなど、多数事業を展開する。また、電子雑誌出版事業を手がけるブランジスタは’15年に東証マザーズへ上場。

TEXT=牛丸由紀子

PHOTOGRAPH=高島 慶(Nacása & Partners)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

GOETHE 2021年2月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

12月24日発売の「ゲーテ2月号」は豪華3本立て! 総力特集は「アートのお仕事」。アートの世界で働く仕事人たちを徹底取材! 一度心を捉えたら離さない、アートの奥深い魅力を大公開します。また、多彩な活躍をする西野亮廣が時代をつくる才能の育て方を激白。さらに、競馬界のレジェンド武豊さんに1年密着取材を敢行! 孤高のジョッキーの光と影が語られます。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる