GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2015.02.24

堀江貴文 最新自叙伝が第1章の物語なら、第2章の人生で僕がやろうとしていること

まさに波瀾万丈というべき半生。そこから得たのは、無駄を排し、生活の質を上げる生き方だった──。「不遜(ふそん)」などと評される。「生意気な拝金主義者」という巷間(こうかん)のイメージも、依然として根強い。SNSファウンダー堀江貴文という男の周りには、ネガティブな言説が付きまとう。

horie

新著『我が闘争』を一読すると、彼に対する印象はガラリと変わってしまうかもしれない。初めての自叙伝に描かれるのは、極めて純粋なあまり、常に考え、問いかけ、闘い続けるしかなかった愚直な姿だ。

「僕は一貫して前しか見ていない人間なので、後ろを振り返ることにまったく興味が持てなかった。ただ、メルマガに書いた若いころの起業記や、”働くこと”にフォーカスした自著『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』で触れた少年時代のエピソードなど、僕の過去に関する話題に興味を持ってくれる人が思いのほか多かったんです。ニーズがあるなら、それには応えなきゃいけないかな、と」

皮肉とも、はにかみとも受け取れるような表情で語る堀江氏だが、同時に「過去を振り返るのは、これで終わり。あとはもう未来を見るだけ」という清々(すがすが)しい決意も胸に秘めている。

「過去を振り返ってみて、改めて痛感したのは、世間的に常識といわれていたり、ルーティンと思われていたりする事柄に、どれだけ無駄でバカバカしいものが多いか、という点。僕のことを『非常識』という人は少なくないけど、僕は単に無駄が嫌いで、楽な方法を優先しながら、目の前に次々と現れる面白いことに集中したいだけ。あと『そのことに合理的な理由はあるの?』と考える作業をサボらないだけなんです。最近は、いろいろなことをやめてみたりしているのですが、それも僕なりに合理的に考えた結果。おかげで今、とても身軽で快適ですね」

具体的に”やめたこと”については別欄(下記)で語ってもらうとして、一方で”やめないこと”はあるのだろうか。

「特にないです。ただ、世の移り変わりに身を任せて、流れに逆らわない姿勢は意識しているかもしれません。諸行無常は真理。ならば、その真理に忠実でありたいなと考えています」

社会通念、テクノロジー、ビジネスの仕組みなど、すべては日々移り変わっていく。その変化をエッジの部分でしたたかに見極めながら、柔軟に対応していくのが堀江貴文の流儀だ。

「僕には、多くの人が濁流のなかで無理やり逆行したり、踏みとどまろうとしているように映る。現状維持ほど難しいものはないのに。みんなが僕みたいなスタンスになれば、もっと世の中が面白くなるはずです」

現在、さまざまなプロジェクトに参画している堀江氏。ここまでの数があると、把握するのも容易ではないのでは。

「問題ありません。すべて把握していますよ。スピード感を持って並列処理していくのは苦手じゃないので。それに複数のビジネスに携わっていると『このモデルは、あの事業にも応用できる』『この技術で、こんな新しいビジネスができる』といったフレームワークが頭の中で立体的につながっていく瞬時がある。だから、やりたいことがいくらでも湧き出てくるんです」

Horie’s 進行中の参加プロジェクト

堀江貴文サロン
起業家や投資家、技術者などの会員制コミュニケーションサロン。Facebookを利用し、情報交換や交流を行う場を提供。

カンゾウサプリ
二日酔い防止のためのサプリを、医療メーカー監修のもとプロデュース。

すごいBBQ
豪華食材飲み放題食べ放題の1000人規模のBBQ大会。毎年恒例のイベントとして、さらなる拡大を予定している。

COMEHOME
家事代行サービス「COMEHOME」にアドバイザーとして参加。

TERIYAKI
日本中の旨(うま)い店を知っているキュレーター(テリヤキスト)たちが「最高に美味しい店」だけを厳選したグルメアプリをプロデュース。ただひたすら「旨い店」だけを選んでいることが特長。

テックビューロ・ラボ
テクノロジーと企業との間を取り持つ架け橋となるべく、「最先端の技術と人が集まるラボ」にアドバイザーとして参加。

AMPLE!
世界中のコスプレイヤーが利用するコスプレイヤープラットフォームサービス。

ハッカーズ/ゼロ~裸の俺たち~
茂木健一郎氏、金杉肇氏らと音楽ユニット「ハッカーズ」を結成。デビュー曲は堀江氏自らが作詞を手がけた。

ハッカーズ/卒業
セカンドタイトルは、偏差値偏重の学歴社会と同化圧力に切りこむ卒業ソング。

755(ナナゴーゴー)
Twitterの有名人同士のやりとりと、LINEの使い勝手さをかけあわせた、新しいリアルタイムなコミュニケーションが可能なスマホアプリ。サイバーエージェントの藤田晋氏と共同プロデュース。

ホリエモンチャンネル
自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組。

寺田有希 yukiterada.com
「ホリエモンチャンネル」のアシスタントを務める寺田有希氏をプロデュース。

カリガリ
渋谷にある7坪ほどのカレー屋『カリガリ』のコンサルタントを務める。

マンガ HONZ
厳選されたレビュアーが、厳選されたマンガを毎日紹介するサイト。代表と同時に、レビュアーでもある。

ロケット事業なつのロケット団

安価な衛星軌道投入用ロケットシステムを開発し、超小型衛星を打ち上げるコストを大幅に低減。かつその自由度を大幅に向上させること。また、ロケットシステムの開発及び超小型衛星の打ち上げを通じ、周辺産業の発展に寄与することを目的にしたプロジェクト。

EC ホリエモンショップ
「なつのロケット団」オリジナルグッズの販売。その他アパレル、デジタルガジェットやゴルフグッズなども販売予定。

堀江貴文ミリオンセラープロジェクト
代表作、かつ決定版となる本をつくり、それをミリオンセラーにする(100万人に届ける)ことで、世の中を「希望ある場所」に変えていくプロジェクト。

Antenna
厳選されたメディア記事のなかから好みの記事を見つけられるキュレーションマガジン。PR、企画宣伝、サービス全般のプロデュースを行う。

NewsPicks
経済情報に特化したニュース共有サービスの顧問を務める。

部活動
WEB主体の「ソーシャル部活動」というビジネスモデルを軸として多くのサービス(部活動)を世の中へ発信し、新しい「人と人とのつながり方」を提案。ファインダー、プロデューサーとして参加。

焼肉部
肉好き同士がつながる、ソーシャルマッチングサービスをプロデュース。

tousou

『我が闘争』/八女市で過ごした幼少期から起業、そして収監から現在まで、闘い続ける人生を赤裸々に語りつくす(幻冬舎、¥1,400)

人生の質を上げるために僕がやめた3つのこと

家に住むことをやめた
「刑務所から出てきたらマンションの賃貸契約を拒まれたりして、非常に不愉快な思いをしたので『もう、家なんていらねぇよ』と。保証金を寝かすのもバカバカしいし。以来ずっとホテル暮らしですが、快適ですよ。余計なモノは全部手放したので、本当に身軽」

物欲を持つことをやめた
「モノを手放していくと物欲がどんどん薄れた。ないと困るのはスマホくらい。とはいえ、必要なデータ類はクラウドに入れてあるから、最悪、端末も誰かに借りればいい。近年、カーシェアなどが普及し、所有からシェアへと世間の意識が変わってきたのはいい傾向」

電話をやめた
「最近、本当に会いたい人にしか会わないよう努めています。準備や移動などに伴う時間的なロスが許せなくて。電話も然り。一方的に僕の時間を奪っていくから、基本的に出ません。時間あたりの効率を極限まで上げないと、やりたいことが全部こなせないので」

TEXT=漆原直行

PHOTOGRAPH=有高唯之

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる