MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

TRAVEL

2023.03.01

世界最大の露天風呂&オーロラの見えるホテル! アイスランドの大自然堪能【世界のサウナ探訪⑤】

サウナ歴20年以上、サウナイベント開催や著書も出版している本田直之さんが、2023年1月にノルウェー、アイスランド、スウェーデン、フィンランド、エストニアのサウナをめぐる旅に出た。巡ったのはなんと19施設、81ヵ所のサウナ。その進化を体験リポートする。第5回はアイスランドにある世界最大の露天風呂&オーロラの見えるホテルをご紹介! #1 #2 #3 #4

美肌効果も抜群! 「Blue Lagoon」

ノルウェーからアイスランドへ移動した本田さん一行。レイキャビックの空港からクルマで50分ほど、”世界最大の露天風呂”といわれる「Blue Lagoon(ブルーラグーン)」に向かった。

「ずっと憧れていた地、アイスランドに初めて降り立ちました。道中、クルマから見える景色はあたり一面、雪景色。アイスランドは火山が多い土地ですからなんとなく印象がハワイ島に似ているなと感じました。雪のあるハワイ島という、なんとも不思議な場所です」

凍った道をブルーラグーンを目指して進む。先頭は稲本健一さん。

こうしてたどり着いたのが、広さ5,000平方メートル、世界最大の露天風呂ブルーラグーン。アイスランドはヨーロッパだけではなく、実はアメリカからもアクセスがいいので、多くの観光客がこの湯に浸かるためやってくるそう。

プカプカ浮く、サウナ師匠の秋山大輔さん。

このブルーラグーンは、いわゆる地底から湧き出す天然温泉ではない。1970年代に建てられた地熱発電所が、発電の際に出る海水と淡水の混ざった温水を溶岩地帯に排出するのだが、その際にできた人工の湖だという。

溶岩地帯は水捌けがよく、排水された湯は地下に流れていくと考えられていた。しかしシリカと呼ばれるミネラル成分によって溶岩石が網の目に詰まり、やがて巨大な湖が誕生。これが現在のブルーラグーンとなったのだ。

湯は白っぽく、底にはドロドロとシリカが堆積しているため当初は嫌厭されていたが、実はこのシリカこそが血管の働きをよくし、髪や肌にも効果的なミネラルを含む最強の美容成分。これに気づいた人々が、周辺にホテルを建て、レストランをつくり、観光地化されたという歴史を持つ。

「到着したのは16時頃。冬のアイスランドの日の入りは早いですから、急いで身体を洗ってブルーラグーンに飛び込みました。温度はだいたい38度くらいの適温。けれど外気がマイナス12度ですから、一度入ったらもう出られません(笑)。

アイスランドは日本と違って、日が沈みはじめてから沈み切るまでは少し長いので、ラグーンの中のバーでお酒を飲んだり、シリカでパックをしたりして日が沈むまでゆっくり過ごしました。もちろんサウナもあり、何度か入りましたが、やはりここでは、この露天風呂をメインに楽しむのがよさそうですね」

シリカパック中の本田さん。翌朝はプルプルだったそう。「寒いので長風呂になってしまうため肌が乾燥しがち。このパックは必須です」

ブルーラグーンにつかりながら1杯いただだくのもOK!

ラグーン内のサウナ。 提供:Blue Lagoon

岩に囲まれた趣のある入り口。

 

■Blue Lagoon
住所:Norðurljósavegur 9 240 Grindavík
営業時間:(1〜5月)8:00〜21:00、(6〜8月20日)7:00〜24:00、(8月21日〜12月31日)8:00〜22:00、(12月24日)8:00〜16:00、(12月31日)8:00〜18:00
料金:ISK8990〜
※ISK1=約¥1

ホテルからオーロラが見える幸運 「シリカホテル & リトリートホテル」

「宿泊は、このブルーラグーンから約500mの場所にあるシリカホテルへ。宿泊客しか入れないラグーンもあり、落ち着いて入浴したい人にはいいかもしれません」

雪に囲まれたシリカホテル。

シリカホテルのラグーンからの夕日。

「なんと深夜ホテルからオーロラが見えたんです。オーロラはこういう人工の光がある場所ではなかなか見られませんから、すごくラッキーでした」

さらにシリカホテルのすぐ近くにもうひとつ、アイスランドで最もラグジュアリーといわれる「リトリートホテル」がある。ここに泊まれば、宿泊者限定のリトリートスパラグーンを楽しむことができる。さらに、ブルーラグーン内のサウナとスパの入場料も無料というからうれしい。

リトリートホテルのサウナ。ラグーンを大きな窓から眺めながら。提供:Retreat Hotel

「日本円でだいたいプラス7万円くらいで、リトリートホテルの宿泊者限定のスパラグーンに入れます。こちらは、ブルーラグーンに比べて客層も落ち着いており、断然空いているので、ゆったり楽しむことができます。

ラグーンを眺めながらの静かなサウナの時間、さらに塩とシリカ、オイルを使ったトリートメントもしっかりしてくれるので、ゲーテ読者の方にもすごくおすすめです。まずは有名なブルーラグーンを見たら、あとはじっくりサウナやトリートメントをこちらのリトリートホテルで楽しむのがいいかもしれませんね」

次回はヘビーサウナーも昇天させるアイスランド最大のサウナへ!

 

■Silica Hotel
住所:Norðurljósavegur 7, 240 Grindavík
料金:ISK57,400〜

■Retreat Hotel
住所:Norðurljósavegur 11 240 Grindavík
料金:ISK69,000

■動画で楽しむ世界のサウナ探訪(アイスランド編)

Naoyuki Honda
レバレッジコンサルティング代表取締役。オンラインサロンHonda Lab.主宰。ハワイと東京に拠点を構え、デュアルライフを実施。ハワイに関する著書や、近著に『パーソナル・トランスフォーメーション』。

TEXT=安井桃子

PHOTOGRAPH=Blue Lagoon、村上洋平

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる