MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

TRAVEL

2022.10.15

京都人がおすすめする旅プラン、和菓子屋巡りの魅力とは

京都に生まれ、京都で育ち、今も暮らす生粋の京都人、麩嘉 代表取締役社長の小堀周一郎さんに、足しげく通う場所、思い入れのある品を教えてもらった。京の旦那衆のとっておきの京都とは──。【特集 京都の秘められしスポット】

京うちわ 阿以波

推し和菓子を見つける旅で、京都の本質に触れてほしい

なんといっても京都は食の都です。ただ、食事だけがフォーカスされすぎていて、和菓子はさほどでもない。僕は和食もいいけれど、和菓子屋巡りをお薦めしたい。なぜなら、京都の和菓子は日本一だし、市内にもよいお店がたくさんあります。好きなお菓子を探す旅っていいと思いませんか。推しを見つける、みたいな。

京都人は誤解されやすいのかもしれません。そんなにフレンドリーではないように思われるのではないでしょうか。けれど、実はそこにはあまり前に出たがらない京都人の奥ゆかしさがあるんです、僕はそうじゃないけれど。多くの京都人は知識をひけらかしたりはしない。そこに京都人の美学がある。和菓子店や工芸団扇の『阿以波(あいば)』さんなどもそうですが、デザインも優れた一流の品をつくるのに、PRしすぎず家業としてこぢんまりやっている。モノづくりの姿勢、信用できます。

京都にはじめてお越しの方にアドバイスするとしたら、マナーを大切にということでしょうか。お店の雰囲気にそぐわない恰好や大声を出さないというレベルですが。そんな当たり前のことを心得ることができれば、どこに行っても大丈夫です。

奥深い京都を知るという意味では、西陣エリアはお薦めの場所です。着物産業で一世風靡した場所で昔の建物が多く残り、京都の本質が今も息づいている。昭和の風情やリアルな京都を満喫できます。

京うちわ 阿以波
住所:京都府京都市中京区柳馬場通六角下る井筒屋町422

小堀周一郎

SHUICHIRO KOBORI
1972年京都生まれ。法政大学を卒業後、マツダ入社。2007年、生麩の専門店、麩嘉7 代目就任。社長業だけでなく、自ら毎日工場に立つ。’20年4 月からネットショップを開始した。

【特集 京都の秘められしスポット】

Illustration=岡田成生

TEXT=中井シノブ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる