GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

TRAVEL

2020.11.03

気ままな京都ステイを楽しめる街中ホテル「nol kyoto sanjo」がオープン

ラグジュアリーからアジア初出店、町屋のホテルまで多彩なホテルが次から次へとオープンしている京都。そのいにしえの都に、11月1日、より自分らしい時間の使い方を実現できる現代的でユースフルなホテルが誕生した。

nol kyoto sanjo

趣のあるレトロビルや老舗商店のほか、ファッションや雑貨のショップも並ぶ多彩なエリア・京都三条通に開業した「nol kyoto sanjo」がそのホテルだ。

宿のエントランス部分にあたる町家は、かつて京都中京区で創業した「日本酒造キンシ正宗」の販売所として使われていた建物。表格子や厨子二階の虫籠窓は、100年の年月を経てなお美しく、海外からのトラベラーを惹きつけることはもちろん、日本人の琴線にふれる洗練美を湛えている。

名前の「nol」は「naturally(自然体で)」、「ordinarily(普段通り)」、「locally(その土地の日常に触れる)」の頭文字をとったもの。その名が示すように 「自分らしく、普段通りに、地域を楽しんでほしい」というのがホテルのコンセプトであり、客への想いでもある。

たとえば、このホテルにレストランはない。なぜならホテルから歩いて数分の場所にミシュランの星を獲得する和食店やイタリアン、京の食文化を体感できるおばんざい店など多様な飲食店があるから。

好みのレストランを訪ねて、京の料理を味わい、店主や客との触れ合いも楽しんでほしいというのだ。

ラウンジスペース

町家部分を改装したラウンジスペース。朝7時~22時まで利用できる。

町家を改装したラウンジも宿泊者はいつでも自由に利用できる。京都「Unir」のスペシャリティコーヒーのほか、お茶やキンシ正宗の日本酒も用意され、オープン時間帯は好きなものをフリーフローで味わえるそうだ。老舗菓子店「伊藤軒」の欧風煎餅や一口菓子もあるから、日本酒とともに部屋に持ち帰って一杯なんていうのもいい。

居心地の良さを重視した別棟の客室は26~50㎡と人数や目的に合わせて選べる48室。和室もあって広々とした「Tsuboniwa Suite」、広い水回りが快適な「Hibaburo Deluxe」、楕円形の壷湯がある「Tsuboyu Superior」の3タイプ。

吹き抜けの空間

町家のラウンジからホテル棟へはトンネルのような通路を抜けて。通路の先は吹き抜けの空間。水のなかに樹木が浮かびあがり、光が揺らめく。

Tsuboniwa suite

日本間が付いた「Tsuboniwa Suite」50㎡は4名まで利用可能。

Hibafuro Deluxe

「Hibaburo Deluxe」39㎡。洗面シンクは両側から使えて便利。

Tsuboyu Superior

ベッドの横にすぐお風呂がある「Tsuboyu Superior」26㎡。

Tsuboniwa Suiteには世界一の寝心地といわれる京都「IWATA」のベッドを設置。欄間など町家の建材を利用したアートピース、障子を思わせる建具で和の寛ぎを演出する。

週末の旅だけでなく、長期滞在にも使ってほしいからと、すべての部屋に電子レンジや洗濯乾燥機、標準客室にはミニキッチンも備えた。ここでの滞在は、歩いてすぐの錦市場でおばんざいや料理を調達し、日本酒片手に部屋で寛ぐのもいいかもしれない。

また、朝食を部屋でというときには、「京菜味のむら」の仕出し弁当、南座前で歌舞伎役者御用達の喫茶「ナカタニ」のサンドイッチを注文したい。おかもちで運ばれるサンドイッチは量もたっぷり。家族4人でも堪能できる。

朝8時半~10時の指定時間に届く朝食。

朝8時半~10時の指定時間に届く朝食。

和食にするかサンドイッチにするか。価格や注文方法はフロントに問い合わせを。

和食にするかサンドイッチにするか。価格や注文方法はフロントに問い合わせを。

どこにいても仕事ができるリモートワーク時代だからこそ、どんなシチュエーションにも対応できる、こんなホテルがありがたい。

午前中は紅葉が美しい鴨川や岡崎へ足を延ばし、午後は部屋で仕事。疲れたら、ラウンジで美味しいコーヒーを一杯。夜は近隣のレストランか祇園で食事、なんていう京都暮らしのような旅は、誰もが憧れる理想形。

ひょっとしたら、そんな旅を続けるうち、より自然体な自分になれるかもしれない。

これからは、旅も仕事も気ままに! そんな想いを遂げられる。

京都町屋ホテル

nol kyoto sanjo
住所:京都市中京区堺町通姉⼩路下る⼤阪材⽊町700番
TEL:075-223-0190
料金:26,000円~(1泊1室)
https://www.nolhotels.com/kyoto-sanjo/

TEXT=中井シノブ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる