MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2024.02.22

N.Y.とスイスの実例で見る、セレブリティの最新インテリアトレンドとは

今、世界のセレブたちはどうやって家具を選んでいるのか。驚くべきこだわり、その実例をイタリアのブランド「Edra(エドラ)」から探る。【特集 多拠点邸宅】

セレブリティの最新インテリアトレンド

驚愕の家づくりの実情とは!?

「家はシンプルに。家具とアートは攻撃的に」。それがスイス・ジュネーブに邸宅を構えるあるアートコレクターのモットーだ。1600㎡の敷地に建てたコンクリートの家には、世界的芸術家アルナルド・ポモドーロの彫刻をはじめ、歴史的作品が並ぶ。

そのアートに負けぬ存在感を放つのが、イタリア・トスカーナのインテリアブランド、エドラのチェアやソファだ。「アートと同じく家具も攻撃的な一点モノを」とオーナーが選び抜いた。

「エドラの家具の多くは、職人の手作業を経て完成します。500mものロープを一週間かけて編んで完成させたチェア(下写真1枚目)、ポリカーボネートを溶かし手作業で形を整えたチェア(下写真2枚目)などは手作業ゆえにまさに一点モノ。だからこそアートと親和性が高いのです」とは、エドラの日本代理店リビングハウスの針生智子氏だ。

アートと家具を競演させるセレブリティもいれば、家具で部屋ごとに表情を変えることを好むセレブも。

ファッション業界の大物が住むニューヨークの家は、「寝室はジェニファー・ロペスのようなピンクの世界観」「リビングはジャクリーン・ケネディのようなクラシカルな雰囲気」と、それぞれ別のペルソナを持ってつくられた。服を着替えるように、部屋を移動するだけでガラリと変わる世界観を、楽しんでいるのだという。

イタリアで活躍したデザイナーで、エドラの家具も手がけた梅田正徳(まさのり)氏の長女・菜々絵氏はその家具の世界観をこう語る。

「エドラは37年の歴史のなかで43アイテムしか製造していません。斬新なデザインに見えますが実は多くが20年以上にわたるロングセラー。いつの時代も古く見えない普遍的なデザインで、クラシカルな部屋にもモダンな部屋にも選ばれているのです」

存在感あるインテリアを選ぶことでセレブたちは、その拠点を豊かに整えているのだ。

実例1.スイス|アートと家具が競演する家

 

実例2.ニューヨーク|部屋ごとに表情を変える家

 

セレブリティのトレンド

1.質感を重視 ▶︎ ファブリックにこだわる

SDGsの観点からファブリックを選ぶ人が増加。肌触りにこだわり、多くのプロダクトブランドがファブリックを自社開発する方向に。

2.世界にひとつがステータス ▶︎ 一点モノを所有する

アートへの関心が高まっている近年、「世界でひとつだけを所有する」ことがセレブのステータスに。家具も「一点モノ」を求める。

3.家に合わせるはもう古い!? ▶︎ 家具を決めてから家をつくる

「このソファを入れたいので、居間をもっと広く」「このデスクを入れたいので壁をぶち抜いて」など、家具に家を合わせる人が増えている。

【特集 多拠点邸宅】

この記事はGOETHE 2024年3月号「総力特集:多拠点邸宅」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=安井桃子

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる