MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2021.10.22

宇宙をエンタメ化するソニーの野望

ソニー

「金鉱を掘り当てるように未体験の分野に挑みたい。衛星を世界のクリエイターが自由に使えるツールになってくれれば」と、中西さん(右)と井手口さん(左)。

エンタメと宇宙の融合で今までにない感動体験を

2020年、ソニーは「宇宙を解放する」をキーワードに、「宇宙感動体験事業」を立ち上げた。ソニー製のカメラを載せた衛星を地上で操作し、宇宙のライヴ映像を撮影する体験と、エンタメを融合させようという取り組みだ。

プロジェクトは、JAXA、東京大学と組んでのスタート。産官学の3者はどんな未来を描きだそうとしているのか。宇宙エンタテインメント推進室室長の中西吉洋さんは話す。

「’17年にソニーの有志社員が、JAXAと東京大学を招いて宇宙についての勉強会を開いたところ、社内から本気で宇宙事業をやりたいとの声があがってきました。その後も3者でミーティングを重ね続け、’20年に正式な組織となったのです」

東京大学は衛星の基盤部分の開発を、JAXAはプロジェクトのアドバイスを、ソニーは地上システムなど全体を取り仕切り、’22年後半に、超小型衛星1号機の打ち上げを目指している。

ソニー

地球も星々も撮影できる! 超小型衛星。宇宙用に改良されたカメラを搭載。来年打ち上げ予定。

エンタメやアートとの多彩な掛け算を図る

「プロジェクトではソニーの強みであるカメラを、気象用など既存の用途ではなく、エンタメやアートのために使います。宇宙感動体験を広く浸透させ、カルチャーとして根づかせたいですね。カメラ女子の盛り上がりのような、世代を超えた宇宙コミュニティをつくりたいんです」

プロジェクトにはソニーグループ内のさまざまな部署が垣根を越えて参加。ソニー・ミュージックエンタテインメントからはプロデューサーの井手口悦久さんが加わった。

「音楽、アニメ、古典芸術など、宇宙と掛け算できるものは無限にあります。今は宇宙から撮影した映像を、ループアニメのミュージックビデオなどに活用できないか試作中。気軽に宇宙の絶景を撮影できれば、クリエイターにとって新しい作品を生みだすチャンスになります」

ソニーのクリエイティヴ領域から、どんなコンテンツが生まれるのか、期待が膨らむ。

『Sony Group』HISTORY
2017年 社内有志がJAXA、東京大学を招いて勉強会を実施
2018年 JAXA共創型研究開発プログラム「J-SPARC」発足
2019年 JAXA、東京大学と契約を結ぶ
2020年 組織化。宇宙エンタテインメント準備室(現推進室)が立ち上がる
2021年 衛星システム開発・事業探索
2022年 超小型衛星1号機打ち上げ予定

ゲーテ11月号は、宇宙の最新事情を網羅した完全保存版!

TEXT=川岸 徹

PHOTOGRAPH=鈴木規仁(人物)

COOPERATION=ソニー(写真提供)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる