MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2021.08.06

ソフトバンクの新オフィスはまるで家のような心地よさ!?

コロナ禍にあって、オフィスの在り方が問われている。家でもカフェでも、どこでも仕事ができる今、オフィスに行く意味とは何か。今回ゲーテは、ここ2年の間に新たに誕生したオフィスを取材。そこから見えてきたのは、最先端のオフィスは単に生産性が高いだけではない。ここに来れば仲間に会え、アイデアが生まれ、クリエイティブな働き方ができる場所であるということ。それは、行かなければいけないではなく、行きたくなるワークプレイスだ。

SoftBank

内階段でつながる3フロアのうち、真ん中のフロアに人が集うような仕様に。コーヒーカウンターも設置。

新事業の創出を最適化するためオフィスをWeWorkがデザイン

国際ビジネス拠点として、国家戦略特区である竹芝エリアに誕生した東京ポートシティ竹芝。ソフトバンクは最新のITインフラを備えたこのビルに、今年1月本社を移転した。

グループ企業を含めて12階から39階に入居し、延床面積は2万5000坪。本社に勤務する従業員数はグループ全体でおよそ1万5000人。7月現在の本社出勤率は15%程度で、コロナ後もオフィス出勤率は5割以下を目標としており、席数も50%程度に抑えた設計となっている。

この新本社プロジェクトを指揮した同社グループオフィス戦略部長の佐藤信秀氏は「特に本社の場合、オフィスは知的生産性を最大化するための場所であるべきです。働き方が多様化する状況下においてそれを実現するために、グループ企業であり、コワーキングスペースサービスを提供するWeWorkとともに新たなオフィスの在り方を模索しました」と話す。

今後、在宅ワークが浸透し、オフィスは不要という考えも一部ではあるようだが、ソフトバンクの場合は在宅とオフィス、サテライトオフィスを使い分けるハイブリッドな働き方を推進していくという。

目指すオフィスは、ホーム

また、同社は通信事業を軸に、グループ内外の多様な分野の企業と連携しながら新規事業を立ち上げ、成長を続けてきた。ゆえに本社に求められているのは事業を創造できる環境であり、新たな発想や閃きを生みだすためには、スタッフ同士が直接顔を合わせ、居心地のよい雰囲気でコミュニケーションを取れることが不可欠だという。

「これまでのオフィスはデスクと会議室で成り立っていましたが、当社のオフィスが目指すのは、それとは真逆のホーム(家)です。書斎やキッチン、リビング、ダイニングの要素を取り入れてインテリアを設置し、人が集まるエリアを主役にしました。アートや植栽もふんだんに飾っています。オフィスを作業する場所から社員同士がコラボする場所へと変えたのです」

そのなかでこだわったのが3フロアごとに内階段でつなぐこと。中央のフロアにエスプレッソマシンやビールサーバーを置き、コミュニティバーと呼ばれる社員からの問い合わせに対応する窓口を設けた。これによってこのフロアに自然と人が集まる環境を実現している。

つまり、WeWorkと連携した狙いは、デザイン性の高い空間ではない。新しい働き方や文化をつくっていくことなのだ。

執務フロア

執務フロア。席数は全従業員数の50%程度に抑えている。

3フロア

3フロアごとにつながる内階段。すれちがいざまにコミュニケーションが取れるよう、階段の幅も緻密に計算されている。

会議室

予約が必要な会議室の数は約370。会議室をはじめ、約700点のアート作品があらゆるところに飾られている。

ラウンジ

受付のあるラウンジには、孫正義代表が尊敬する坂本龍馬の像も設置。社内で使用されている椅子は80種類以上。気分やTPOで座る椅子を選ぶことができる。

エグゼクティブ・ブリーフィング・センター

AIやIoTなどを活用した最先端ソリューションの体験型施設、エグゼクティブ・ブリーフィング・センター。

社員食堂

イベントスペースにもなる社員食堂。

東京ポートシティ竹芝

入居する東京ポートシティ竹芝。地上40階、高さ209mで、ビル内ではソフトバンクロボティクスグループのロボットが清掃や運搬などを行う。

 

ソフトバンク

天井高7mのエントランス。顔認証で入場するとエレベーターが入居フロアまで自動で運んでくれる。

COMPANY
ソフトバンク

EMPLOYEES
約15,000名(全国各地、グループ含む)

OFFICE SPACE
27フロア、約83,000㎡

KICK OFF
2021年1月

オフィスの移転を発表したのは2019年1月。1万人を超える規模のオフィスの移転だけに、引越し作業は10回程度に分けて行われた。新オフィスの窓の外には海が広がる。

TEXT=石川博也

PHOTOGRAPH=高島 慶〈Nacása & Partners〉

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる