GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2021.02.04

親父ギャグは英語でDad joke!?

35歳・英語力ゼロなのに、会社を辞めていきなり渡英した元編集者。「その英語力でよく来たね(笑)」と笑われて2年後、英語力未だ0.5であえなく帰国。だけど日本にいたって、きっともっと英語は覚えられる! 下手でもいいじゃない、やろうと決めたんだもの。英語力ゼロレッスン「人のEnglishを笑うな」第82回!

ギャグを理解できる英語力が欲しい!!

最近、Youtubeで、海外のコメディやバラエティ番組を見ています。しかしたいていのコメディアンは早口ですし、複雑なことばかり言うのでまったくついていけず、すぐに脱落してしまいます。日本語字幕がついていても、文化が違うので、正直なにが面白いのかまったくわからないことも多々あります。

ぼんやりと見ていた番組では、おそらく「そんなくだらないこと言うな」と司会者がコメディアンにツッコんでいたのですが、その際に、言っていた言葉が唯一聞き取れました。

Dad jokes

お父さんのジョーク。これは「親父ギャグ」では!? とOxford Languagesで調べてみると。

an unoriginal or unfunny joke of a type supposedly told by middle-aged or older men.
(中年以上の男性が言う、オリジナルではない、または面白くないジョーク)

まさに、「親父ギャグ」でした。英語圏でも「つまらないことを言うのはおじさん」とされているのです。でも、ギャグを言って和ませようとしてくれるおじさん、とってもいいと思います。

英語の親父ギャグ、果たして理解できるのだろうか、と疑問に思い調べてみました。
なんと英語版のウィキペディアが、“Dad joke”の典型として、こう紹介していました。

A child will say to the father, “I’m hungry,” to which the father will reply, “Hi, Hungry, I’m Dad.”
(子供が父親に「お腹すいた」と言うと、父は「こんにちは、ハングリー、お父さんだよ」と答える)

一瞬、なにがギャグなのか、まったく理解できませんでした。
“I’m hungry”を“I’m Tom”というような自己紹介として「やぁ、ハングリーくん、わたしはお父さんだ」と言う、ことのようです。確かに、こう言われた子供の、いやな表情が目に浮かぶようです。

ほかにもこんなものがありました。

What kind of shoes do ninjas wear? Sneakers!”
「忍者はどんな靴を履くの?」「スニーカー!」

“sneak”とは「こっそりどこかへ行く」「こっそり入り込む」というような意味の動詞なので、忍者が「忍ぶ」様子を、「スニーカー」とかけたのでしょう。
イギリス英語では、スニーカーのことは“Trainer(トレーナー)”というので、イギリス圏では言わないかと思いますが、日本が誇る忍者の、世界的人気も感じられるギャグです。

個人的に勉強になったなぁと思ったDad jokeはこちらです。
I don’t trust stairs. They’re always up to something.
(階段は信用していないんだ。いつもなにかを企んでるから)

“up to something”で「何かを企む」という意味になると同時に、階段で上へ行くという意味の“up”がかかっているのかと思われます。親父ギャグを理解するには、日頃どれだけ慣用句を覚えているのかを試されます。必死の形相で、ギャグを理解しようと考えている時点で、言ってる方は興醒めかもしれませんが。

Illustration=Norio

TEXT=MOMOKO YASUI

PICK UP

STORY

MAGAZINE

10月号 Now on sale

SKY-HIが表紙を飾るゲーテ10月号は無人島&ホテル特集。所有する醍醐味! 超絶景ステイ! 究極のリゾートライフを提案

10月号COVER

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

10月号 Now on sale

SKY-HIが表紙を飾るゲーテ10月号は無人島&ホテル特集。所有する醍醐味! 超絶景ステイ! 究極のリゾートライフを提案

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]10月号が8月25日に発売。総力特集は、「無人島&ホテル」。心身を癒やし、気持ちを鼓舞してくれる究極のリゾートライフを提案する。表紙を飾るSKY-HIのロングインタビューも必見だ!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる