MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2023.08.12

グリーン近くでのダフりやトップが多い原因は、おへその向き!?

今回はアプローチについて。連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】

手打ちアプローチがミスの原因

アマチュアゴルファーの中には、グリーン周りになるとミスを重ねてしまい、スコアを伸ばせない人が多い。せっかくグリーン近くまで行ったのに、そこからダフったりトップしたりして、グリーン周りをうろうろする羽目になったという経験があるかもしれない。

このようなミスは手打ちのアプローチショットが原因であることが多い。

クラブを手や腕などの末端部分だけで操ることで再現性が低くなり、スイング軌道が狂ってボールの下にクラブヘッドが刺さったり、ボールの頭を叩いてしまったりするのだ。

アプローチが手打ちになっている人は、顔が最初から最後まで下を向き、手や腕を使ってクラブを動かしていることが多い。

このような打ち方になっている人は、ボールをよく見て打とうとしているか、体の軸をブラさないようにしていると思うが、体が止まったままで手や腕だけでクラブを振ると、左肘が引けてしまったり、右サイドだけでクラブを振ることとなり、手打アプローチになってしまう。

おへそを目標方向に向ける

手打ちアプローチを直すには、体全体を使う意識が欠かせない。

体と腕を同調させた状態で、体の回転によってクラブを振ることで再現性の高いアプローチが可能になる。手先の動きに頼るのではなく、体の回転でアプローチをする感覚を身に付けるためのドリルを紹介しよう。

体を止めてアプローチを打つ癖が身に付いてしまっている人は、ボールを打ち終わった後におへそが目標方向を向くように意識をしてアプローチをしてみてほしい。

おへその向きを目標に向けることで、体を回転させることができるため、手や腕を使わなくてもクラブを振ることができる。体の回転と腕の動きを同調させることで、再現性の高いアプローチを打つことが可能になる。

このアプローチショットを練習する際は、最初はクラブを持たず、シャドースイングから始めるといいだろう。

前ならえをするように腕を真っすぐ下に伸ばし、フィニッシュでおへそが目標を向くようにスイングをする。この練習では、両肘と胸でできた空間が変わらないようにしてほしい。腕を振ることに慣れている人は、窮屈な感じがするかもしれないが、体と腕が同調している感覚を身につけてほしい。

また、体重は左足に7割くらいかけるといいだろう。シャドースイングでおへそを目標方向に向けられるようになったら、今度はクラブを持ってスイングしてみよう。インパクトでボールを打つことを意識しないように気を付け、フォローでおへそが目標に向くように意識してスイングすることで、アプローチショットが安定してくるはずだ。

おへそを意識すれば、手打ちアプローチを改善し、グリーン周りの苦手意識もなくなっていく。安定したアプローチでしっかりカップに寄せて、スコアアップを目指そう。

動画解説はコチラ

■連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは
世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

↑TOPページへ戻る

TEXT=吉田洋一郎

PHOTOGRAPH=小林司

COOPERATION=取手桜が丘ゴルフクラブ

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる