MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2022.10.23

宮里美香プロが伝授! アゴが高いバンカーを抜け出す3つの鉄則

アゴが高いバンカーはプレッシャーが高まり、ミスショットの確率が上がる。そんな難儀なバンカーショットをクリアするためのコツを、宮里美香プロが解説! ※アコーディア・ゴルフ×ネクスト・ゴルフ・マネジメントのゴルフメディア「SHIBAFU」の提供記事。※写真はすべて2021年撮影。

宮里美香プロ

※2021年撮影

バンカーショットで押さえるべきポイント

ほとんどのアマチュアゴルファーはガードバンカーに入れてしまうと、「あぁ〜、ミスしちゃったなぁ。上手く出せるか心配……」とテンションが下がってしまう。しかし、見方を変えるなら、ガードバンカーに入ってしまったのは、果敢にグリーンを攻めた結果といえる。なので、そんなに落ちこまず、バンカーショットに備えればいい。

「皆さんが恐れるほど、バンカーショットはそんなに難しくないんですけどね(笑)。ポイントは3つ。『フェースを開く』『低く構える』『アウトサイドインで振る』を押さえれば、アゴが高いバンカーも簡単に脱出できますよ」と、宮里プロが心強いアドバイスをくれた。

アマチュアゴルファーは無理にピンに寄せようとせず、とにかくグリーンに乗せることを優先。そして宮里プロ直伝のレッスンを実践すれば、バンカーでそうそう大叩きをすることはないはずだ。

 

■フェースを開く

ウェッジは58°を使用。フェースを普通に構えて、バンスを上手く使って振ればバンカーショットは成功するという。

「なぜなら、ウェッジのロフトによって、ボールが自然と上がるから。とはいえ、ここでは”アゴの高いバンカー”を想定しているので、よりボールを上げやすくするためにも、フェースを大きく開いたほうがいいでしょう」

宮里美香プロのゴルフレッスン

フェースをスクエアに構えたのが上、開いて構えたのが下の写真。「フェースを開いて打つとシャンクの危険がありますが、下図のように打てば大丈夫!」※2021年撮影

 

■低く構えてスムーズに打つ

「両足を砂にめりこませ、重心を低くして構えます。これは足場をしっかり固めるためと、わざとダフる状況をつくるためです。ボールは身体の中心に置き、オープンスタンスに構え、グリップをツーフィンガーほど短く持つのがポイント。距離に合わせて振り幅を調整しますが、アゴが高いぶん大きめに打ちます」

宮里美香プロのゴルフレッスン

「クラブは真っ直ぐではなく、アウトに上げるのがポイント。そして、ボールの手前2〜3cmを狙ってクラブを下ろします」※2021年撮影

宮里美香プロのゴルフレッスン

「ゴルフシューズを砂にめりこませ、姿勢を安定させます。ピンの方向に対して、両足はオープンスタンスに構えます」※2021年撮影

宮里美香プロのゴルフレッスン

「クラブをアウトに上げることが大事。そして、アウトサイドインで下ろし、フォロースルーはクラブが身体の左側を通るイメージでスイングします。これでアゴの高いバンカーから、しっかり脱出できます」※2021年撮影

【関連記事】
■「100Y以内はウェッジ2本で十分!」宮里美香プロのショートゲームの極意
■宮里美香プロがアマチュアに薦める! 30~70ヤードを打ち分ける4つのコツ
■左足下がりのラフ、転がしor上げ! 宮里美香流アプローチ術

Mika Miyazato
1989年沖縄県生まれ。父親の影響で8歳からゴルフを始める。アマチュア時代から才能を開花させ、14歳で日本女子アマ選手権を最年少優勝するほか、JGAナショナルチームで多くの海外遠征を経験し、世界を舞台に活躍。地元、興南高校を卒業後、2008年暮れのLPGA最終予選会で一発合格を果たし、’09年から’17年シーズンまで9年間LPGAのメンバーシップを維持する。’10年、’13年の日本女子オープンに優勝し、当時、最年少で同大会複数回優勝を達成。’12年にはLPGA初優勝も成し遂げ、同シーズンはロレックスランキングで8位、年間獲得賞金ランキングで11位と、自己最高成績を残す。’19年から日本ツアーに凱旋出場すると、2期連続でシード権を獲得し、今日に至る。’19年よりアコーディア・ゴルフと契約。’22年6月から産休中。

アコーディア・ゴルフ×ネクスト・ゴルフ・マネジメントのゴルフメディア「SHIBAFU」 【外部サイト】

TEXT=POW-DER

PHOTOGRAPH=池田佳史(mo'better)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる