MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2022.09.25

宮里美香プロがアマチュアに薦める! 30~70ヤードを打ち分ける4つのコツ

100ヤード以内のショットは、スコアメイクするうえでキーポイントになるが、当然、高いスキルも要求される。そんな大事なショットのコツを、宮里美香プロが伝授する。 ※この記事はアコーディア・ゴルフ×ネクスト・ゴルフ・マネジメントのゴルフメディア「SHIBAFU」の提供記事。

宮里美香プロ

まずはピンまでの正確な距離を把握

宮里プロはボールのライが良好である限り、「距離の打ち分けは簡単」だと言う。しかし、アマチュアゴルファーはフェアウェイのグリーン手前、残り100ヤードを切っている所から平気で奥に突っこんだり、逆にビビってショートしたり……。

「アマチュアゴルファーのなかには、正確なピンまでの距離を知らないまま打つ人が多いですね。だから、無駄に力んだり、逆に弱く打とうとして手首がゆるんだりするんです。まずは距離測定器などを使って、ピンまでの正確な距離を把握しましょう。また、距離を力やスイングスピードで調整しようとする人も多いですが、それは大きな間違い。距離はウェッジの振り幅で調整します。一定のスピードで、かつスムーズにスイングし、自分の振り幅と飛距離を身体に覚えさせればいいんです」

まずはこのアドバイスを頭に入れて、練習に励んでみてほしい。

 

ウェッジで打ち分ける4つの極意

1.ウェッジのグリップは少しだけ短く握る!

ウェッジに限らずクラブのグリップを目いっぱい長く持っている人がいるが、「特にウェッジは少し短く持ったほうが振りやすい」と宮里プロからのアドバイス。これはアメリカでの経験によるものだという。女子プロのなかでも、特にショートゲームに定評がある宮里プロが語る極意。ぜひとも実践してみてほしい。

宮里美香プロのゴルフレッスン

宮里プロの場合、ウェッジをワンフィンガー(指1本分だけ)短く握るのが基本。こうすることでスイングがスムーズになり、また無駄に力むことがないという。

2.ウェッジの振り幅で距離を調整する

「スイングスピードは一定のまま、ウェッジの振り幅で距離を調整します(決してスイングのスピードや力ではありません)。まずはスリークオータースイング、ハーフスイング、フルスイングの3段階で打ち、その時の飛距離をチェック。先述の2本のウェッジ(52°と58°)で練習して距離感を摑めば、どんな状況でも対処できるようになります」

宮里美香プロのゴルフレッスン

9時の位置までテイクバックし、3時の位置まで振って、30ヤードの距離を出している(57°を使用)。アマチュアゴルファーは58°がおすすめ。

宮里美香プロのゴルフレッスン

同じく57°のウェッジを使って70ヤードを出す場合は、ほぼフルショット。このようにスイングスピードは一定のまま、振り幅で距離を調整する。アマチュアゴルファーは52°がおすすめ。

3.肘から先に力が入ってはダメ

ウェッジをしっかり握ろうとすると、余計な所まで力が入ってしまいがち。特によくないのは肘まで力んでしまい、まるでバレーボールのレシーブのようになってしまうこと! これではスムーズにテイクバックができない。
宮里美香プロのゴルフレッスン

4.アドレス時のワッグルは大切な動作!

「ウェッジを握る際、強くてはダメですが、かといってユルユルでもいけません」と宮里プロからのアドバイス。アドレス時にワッグルをしてもグリップが手のひらの中で動かず、手首の動きにヘッドが追従するくらいが目安です。
宮里美香プロのゴルフレッスン

 

Mika Miyazato
1989年沖縄県生まれ。父親の影響で8歳からゴルフを始める。アマチュア時代から才能を開花させ、14歳で日本女子アマ選手権を最年少優勝するほか、JGAナショナルチームで多くの海外遠征を経験し、世界を舞台に活躍。地元、興南高校を卒業後、2008年暮れのLPGA最終予選会で一発合格を果たし、’09年から’17年シーズンまで9年間LPGAのメンバーシップを維持する。’10年、’13年の日本女子オープンに優勝し、当時、最年少で同大会複数回優勝を達成。’12年にはLPGA初優勝も成し遂げ、同シーズンはロレックスランキングで8位、年間獲得賞金ランキングで11位と、自己最高成績を残す。’19年から日本ツアーに凱旋出場すると、2期連続でシード権を獲得し、今日に至る。’19年よりアコーディア・ゴルフと契約。2022年6月から産休中。

 

アコーディア・ゴルフ×ネクスト・ゴルフ・マネジメントのゴルフメディア「SHIBAFU」 【外部サイト】

TEXT=POW-DER

PHOTOGRAPH=池田佳史(mo'better)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる