GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2020.12.27

1年で70台を出したメソッド! パターは「インパクト後の10センチ」【スモールスイング08】

ゴルフ歴1年で70台に突入した大塚友広さんのゴルフ論とは。短期連載「スモールスイング・レボリューション」8回目。

コース設計者との化かし合いに勝つには、景色を見ないほうがいい

70台に入ってから、とても重要になってくるのがパターです。

「ドライバー・イズ・ショー、パット・イズ・マネー」という有名な言葉がありますが、やはりスコアを決めるのはパットです。70台以降のゴルフはパットでしか差がつかないといっても過言ではありません。

そして、ドライバーショット同様、パッティングにおいて最も重要なことは、「インパクト後の10センチ」にポイントを置くことです。インパクト後を整えることで、パッティングは飛躍的に向上します。

パッティングにも、ドライバーショットなどと同様につかまっていないボールが存在します。つかまっていないボールは、カップインまでのグリーンのラインに乗ってくれず、右にヨレたり、途中で止まったり、カップインの確率を下げることになります。ただ転がすのではなく、きちんとインパクト後を意識して、つかまったボールを打っていく必要があります。ただ転がすのではなく、きちんとつかまったボールを打つことがパッティング上達の第一歩です。

一打一打が重要になる70台のゴルフですが、80台、90台のゴルフでも応用できる内容です。インパクト後の10センチを大切にしたパターの練習を積極的に行うことで、一打一打がより近くなってきます。なぜなら、スモールスイングにもつながることですが、パッティングにはショットのすべてが凝縮されています。パッティングを整えることで、ウッド、アイアン、ウェッジ、すべてのショットが向上するからです。

私も調子が悪いときは、まず最初にパターのトレーニングをやります。パッティングを整えることができると、ドライバーまでのすべてのショットが改善されるためです。

ラウンド前の練習グリーンなどで行うドリル。

自宅のパターマットや、ラウンド前の練習グリーンなどで行うドリル。スイングにおける司令塔であり、リズムも司る左手一本でゆったりとパッティングすることで、ほかのクラブのスイングリズムも安定する。気持ちを落ち着かせてゆったりと、ボールの先を打つ意識で行うこと。

また、パッティングにおいてもインパクトの目線軸は有効に働きます。上りライン、下りライン、フック、スライスなどによりインパクト時の微妙な圧力の違いを目線軸がサポートしてくれるのです。

大切なことは、いつもどおりのボール位置で、ストロークでも同じように、目線だけを変えることです。そして、インパクトの前後、とくにパッティングではインパクト後の10センチを忘れずに、大切にしながらストロークに臨みましょう。

ゴルフを始めてから70台を目指した1年間、誰よりも考えに考えたと自分では思っています。ダウンブローを知らなかった4カ月間には、ハードスペックのドライバーを肩が壊れるまで振った時期もありました。そうやって紆余曲折を経て、ようやく70台にたどり着いたからこそ見えたことだと思いますが、遠心力とクラブの動きの関係、インパクトの重要性、インパクト後の10センチを打つということ。さまざまな経験から学んだもののすべてが、パッティングに凝縮されています。

非常に小さく、繊細な動きだからこそ、正しい動きを行えなければ正しいパッティングにはなりません。「大は小を兼ねない、しかし小は大を兼ねる」のがゴルフです。パッティングを徹底的に行うことで、そのまま大きなクラブのレベルも上がっていくことは私の経験から間違いのないことです。

ゴルフにおける究極の「小は大を兼ねる」がパッティングです。

パッティングには、ゴルフで大切なすべてが詰まっているのです。

ラインごとの目線軸の起点

ストレートライン

<ストレートライン>
ストレートなラインとはいえ、微妙なインパクトの厚みをコントロールする。繊細さが求められるパッティングだからこそ、細かな決めをつくることで、少しでも転がりをイメージに近づけカップインの確率を高めていく。

フックライン

<フックライン>
フックラインの流れに逆らうことなく転がすために、目線軸は「やや上」に設定する。目線軸を微妙にコントロールすることは、ボールへの影響はわずかだが、イメージに大きく影響するので大切。ヒットする際は、インパクト後の10センチへの意識を忘れずに。

スライスライン

<スライスライン>
スライスラインに逆らうことのない、イメージどおりのラインを描くために、ボールの「やや下」に目線軸を設定する。目線軸とインパクトの厚みのコントロールは、細かいことではあるが、慣れてくるとルーティンにもなってイメージが出しやすくなる。

※ボールの上の番号は「①上り/②平ら/③下り」を表す。

 

スモールスイング・レボリューション 新装版 ゴルフ歴1年で70台に突入できる30cmトレ

「スモールスイング・レボリューション 新装版 ゴルフ歴1年で70台に突入できる30cmトレ」
大塚友広 著
幻冬舎 ¥1,200+税
普通のビジネスマンが1年で70台を達成した超メソッド。フルスイングで練習していてもゴルフはうまくならない。小さなスイングを極めることが、動画や写真で見るプロ美しいショットに近づくための入り口の革命。

 

 

Tomohiro Otsuka
群馬県富岡市生まれ。メンタルヘルステックサービスを展開するラフール執行役員。AJGAアジアジュニアゴルフ協会理事兼GM。HED法人営業デジタル化協会理事。富岡製糸場の世界遺産プロジェクトに公募による民間登用で観光マネージャーに就任。その際にゴルフを始める。独学でゴルフ理論を構築し、1年でベストスコア70台前半に到達する。オンラインゴルフコーチング「Natural Works Golf」も主宰している。

PHOTOGRAPH=Getty Images

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

GOETHE 2021年2月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

12月24日発売の「ゲーテ2月号」は豪華3本立て! 総力特集は「アートのお仕事」。アートの世界で働く仕事人たちを徹底取材! 一度心を捉えたら離さない、アートの奥深い魅力を大公開します。また、多彩な活躍をする西野亮廣が時代をつくる才能の育て方を激白。さらに、競馬界のレジェンド武豊さんに1年密着取材を敢行! 孤高のジョッキーの光と影が語られます。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる