MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2021.06.02

清潔感を漂わせるインディゴのデニムジャケット5選

リラックス感が重要な昨今の傾向を受け、デニムはアメリカンカジュアルの枠を超えた、気取らないデイリーウェアへと進化した。綺麗めな選びやこなしでラフさを抑え、大人のデニムを愉しみたい。デニムジャケットのなかでも原点のインディゴカラーは、男らしいラフさが際立つ。ここは合わせるアイテムをネイビーと白に厳選し、品よくまとめるのが正解。チルデンセーターで若々しい爽やかさを添えれば完璧だ。

BRUNELLO CUCINELLI/ブルネロ クチネリ

大人の休日にふさわしい清潔感あるクリーンカジュアル
ワイルドになりがちなデニムのジャケットも、色数を絞れば上品に。ピュアコットンの9.5オンスデニムはハイクオリティな日本製であり、驚くほど軽く柔軟で快適この上ない。

BRUNELLO CUCINELLI

ジャケット¥217,800、セーター¥99,000、Tシャツ¥64,900、パンツ¥137,500、バックパック¥495,000(すべてブルネロ クチネリ/ブルネロ クチネリ ジャパン TEL:03-5276-8300)

YAECA/ヤエカ

シャツ感覚の着心地を満喫
柔軟なペルー綿を用い、旧式シャトル織機で織り上げた、しなやかで肌触りのいいオリジナルデニム製。コンパクトなシルエットで軽快に羽織れる。

¥26,400(ヤエカ/ヤエカ アパートメント ストア TEL:03-5708-5586)

DUNHILL/ダンヒル

ミニマルで際立つ洗練の1着
ノンウォッシュのストレッチデニムと、ボタンを内側に隠して露出しない比翼仕立てにより、ミニマルで都会的な雰囲気。随所のダーツによる立体フォルムで着心地抜群だ。

DUNHILL

¥132,000(ダンヒル TEL:0120-914-675)

VISVIM/ビズビム

ヴィンテージ風の深い味わい
特殊な加工でアメリカ西海岸の強い日差しにさらされた、ヴィンテージデニムのような風合いを再現した独自素材「ドライデニム」使用。シルエットはいまどきなオーバーサイズだ。

¥132,000(ビズビム TEL:03-5468-5424)

DENHAM/デンハム

幅広いシーンに合うジャケット代わりの着こなし
タイドアップへ羽織るのも洒脱。リアルな色落ち加工がヴィンテージを思わせる1着はスマートな佇まいも魅力だ。

ジャケット¥44,000(デンハム/デンハム・ジャパン TEL:03-3496-1086) セーター¥39,600(ドルモア/バインド ピーアール TEL:03-6416-0441) シャツ¥28,600(ヘリル/にしのや TEL:03-6434-0983) パンツ¥37,400(ピーティートリノ/PT JAPAN TEL:03-5485-0058) バッグ¥42,900(チャップマン/フローエンス トーキョー TEL:050-5433-3616) 靴¥36,300(ポルペッタ/ビームス 六本木ヒルズ TEL:03-5775-1623) タイはスタイリスト私物

DIRECTION=島田 明

TEXT=竹石安宏(シティライツ)

PHOTOGRAPH=人物:前田 晃(MAETTICO)、静物:杉山節夫

STYLING=久保コウヘイ

HAIR&MAKE-UP=MASAYUKI(The VOICE)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる