MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2024.02.23

「韓国ドラマ」市場が崩壊寸前…! 制作本数が1年で半分以下に

韓国ドラマ業界が今、大きな危機に直面しているという。ドラマの制作本数は2022年に160本あったものが、2024年は現時点で決まっているもので30本と韓国ドラマ市場は縮小傾向だ。“韓ドラの危機”はビジネスパーソンとしてキャッチアップしておきたい。連載「ビジネスパーソンのための韓タメ最前線」とは

Netflixシリーズ『イカゲーム』の場面カット
Netflixシリーズ『イカゲーム』独占配信中。

1話あたりの出演料が約1億円!?

世界の人々の心を鷲掴みにし、地球規模でヒット作を連発している韓国ドラマ。

ところが先日、韓国ドラマ制作会社協会は「ドラマ産業の危機と解決方法」について話し合う懇談会を開き、主要ドラマ制作会社やテレビ局の関係者たちを呼び集めた。

懇談会で挙げられた主な議題は、一部の主演級俳優たちの出演料が手に負えないほど高騰した件について。このままだとドラマ業界全体が共倒れになりかねないという話だ。

世界的にヒットしたNetflixオリジナルシリーズ『イカゲーム』の主演俳優イ・ジョンジェは、2024年配信予定のシーズン2では1話あたり10億ウォン(約1億円)の出演料をもらったという。全6話の予定なので、合計60億ウォン(約6億円)だ。

2023年末に韓国国会で公開された俳優の賃金報告書によると、主演級俳優たちのギャラの相場は1話あたり3200万ウォン(約320万円)から2億ウォン(約2000万円)。

『イカゲーム』がいくら世界的メガヒットを飛ばしたとはいえ、10億ウォンはとんでもない高額と言わざるを得ない。

韓国ドラマ産業全体の悪循環

そもそも俳優の出演料が1億ウォン(約1000万円)を超えるようになったのも、ここ2、3年の話だ。

その変化をもたらしたのが、動画コンテンツ業界の“黒船”Netflix。

コンテンツづくりにおいて出演料と制作費に上限を設けない戦略をとるNetflixの進出以来、1話あたり8億ウォン(約8000万円)ほどだった韓国ドラマの制作費は3倍以上に跳ね上がり、俳優たちはNetflixでもらった出演料をそのままテレビ放送ドラマでも要求するようになったという。

懇談会に出席したテレビ局の関係者は、「テレビ局で編成されるドラマの本数が減ったなか、制作会社はそれでも編成されやすいトップスターを起用し、彼らの要求に合わせて数億ウォンの出演料を支払ってでもドラマを制作するしかない立場だ。それがまた制作費の高騰を招くという悪循環になっている」と話す。

とある制作会社の関係者も、「先日、俳優たちのキャスティングを行った時、1話あたりのギャラとして4億ウォン(約4000万円)、7億ウォン(約7000万円)と提示された。最近はNetflixなどグローバルOTT(コンテンツ配信サービス)の出演料が基準になっていて難しさがある。実際はメディアで報じられる金額よりずっと多くのギャラを支払う」と吐露した。

また、一部の俳優は高額な出演料に加えて、作品の売上10%の報酬を出演の条件に挙げたり、自分の所属事務所を共同制作会社として加え一定の収益を得る場合もあるという。

俳優の出演料もさることながら、2018年の韓国版働き方改革によってドラマの制作現場でも週52時間勤務制が導入され、スタッフの人件費も上昇するなど、制作費は上がる一方だ。

そのため制作会社は高い制作費を負担してくれるNetflixなどOTTにすがり、制作会社やテレビ局の力は萎縮するという、ドラマ産業全体の悪循環が続いている。

制作本数が1年で半分以下に

韓国ドラマには新たな現象も起きている。

制作費の大半が主演級俳優たちにあてられるため、メイン主人公の相手役は比較的無名の俳優や新人が務めるのだ。また、主演級の1〜2人を除く他の俳優たちは本来のギャラの50〜70%ほどしかもらえず、登場人物の数もぐんと減って韓国ドラマのお約束でもあった“主人公の親友”がいない作品もある。

数百人が力を合わせて、ひとつ作品を制作しているにもかかわらず、ドラマがヒットしても収益のほとんどが主演級俳優に流れることも珍しくない。

そのため、懇談会に出席した関係者たちは中国のように俳優の出演料が制作費の一定以上を超えないようにしたり、ヒットや海外への販売に貢献したことに対するインセンティブを支払ったり、話数単位ではなく撮影日数や時間をもとに出演料を支払うなど、もっと合理的で持続可能なガイドラインを策定する必要があると声を揃えた。

2024年、現時点で制作が決まった韓国ドラマは約30本。2022年の160本、2023年の80本に比べて激減している。このような市場縮小は2025年まで続く見込みだ。急成長からの危機を迎えた韓国ドラマは、下降スパイラルから抜け出せるだろうか。

■著者・李ハナ
韓国・釜山(プサン)で生まれ育ち、独学で日本語を勉強し現在に至る。『スポーツソウル日本版』の芸能班デスクなどを務め、2015年から日本語原稿で韓国エンタメの最新トレンドと底力を多数紹介。著書に『韓国ドラマで楽しくおぼえる! 役立つ韓国語読本』(共著作・双葉社)。

 ■連載「ビジネスパーソンのための韓タメ最前線」とは
ドラマ『愛の不時着』、映画『パラサイト』、音楽ではBTSの世界的活躍など、韓国エンタメの評価は高い。かつて「韓流」といえば女性層への影響力が強い印象だったが、今やビジネスパーソンもこの動向を見逃してはならない。本連載「ビジネスパーソンのための韓タメ最前線」では、仕事でもプライベートでも使える韓国エンタメ情報を紹介する。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
ビジネスパーソンのための韓タメ最前線

ドラマ『愛の不時着』、映画『パラサイト』、音楽ではBTSの世界的活躍など、韓国エンタメの評価は高い。かつて「韓流」といえば女性層への影響力が強い印象だったが、今やビジネスパーソンもこの動向を見逃してはならない。本連載【ビジネスパーソンのための韓タメ最前線】では、仕事でもプライベートでも使える韓国エンタメ情報を紹介する。

TEXT=李ハナ(ピッチコミュニケーションズ)

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる