MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2022.10.28

韓国でヒットする“貧乏ドラマ”。ビジネスパーソンが注目すべき理由とは

資本主義の矛盾と社会格差を暴露し、深刻な貧困問題を赤裸々に描くようになった韓国の映像コンテンツ。話題作には新たなビジネスチャンスが潜んでいるかもしれない。連載「ビジネスパーソンのための韓タメ最前線」とは……

Netflixシリーズ『シスターズ』独占配信中

Netflixシリーズ『シスターズ』独占配信中

大いに話題を呼んだ露骨な描写

昨今、貧富の両極化問題を描いた韓流コンテンツが目立って増えている。例えば、映画『パラサイト 半地下の家族』、Netflixで配信中のドラマ『イカゲーム』『シスターズ』、Prime Videoで配信中の『アンナ』、Disney+で配信中の『ゴールデンスプーン』といった作品がそれだ。

韓国ではこれらのコンテンツが描く、貧乏な生活の露骨な描写が大いに話題を呼んだ。

映画『パラサイト』では主人公から漂う“古い切り干し大根”あるいは“地下鉄の乗客特有”の臭い、いわゆる「半地下の臭い」が観客に強い印象を残した。また、「私は生活に余裕があるかどうかを見る時、髪と靴を見るんです」というドラマ『アンナ』の主人公のセリフはSNSで議論を巻き起こした。

2022年10月現在、Netflix「今日のTV番組TOP10」の上位をキープしている『シスターズ』では、「お金があれば買いたかった物は?」と聞かれた主人公が「冬のコート。貧しさは冬の服に表れます。夏は何とかごまかせても、冬服は高価ですから」と言う。他にも「家が貧しいの? あまりにも辛抱強いから」「人は貧しいと死ぬ」などの痛烈なセリフが、多くの視聴者の胸を詰まらせた。

これらを見た人は、自ずと体臭や髪、靴、冬服などを確認してしまったのではないだろうか。

実際にここ2、3年、韓国ではニッチフレグランスの需要が急増した。デパート・チェーンの最大手、ロッテ百貨店は2021年の香水の売上が前年比40%増加、史上初の1000億ウォンを突破している。コロナ禍の長期化によるストレスを減らし、個性を表現する手段として香水が脚光を浴びるようになったと言われているが、映画『パラサイト』が露骨に描いた「臭いの差別」のメッセージも少なからず影響しているはずだ。

資本主義の矛盾と社会格差を暴露し、深刻な貧困問題を赤裸々に描くようになった韓国の映像コンテンツ。その動きの根底には、若者世代に広がる貧困や未来に対する不安感があるのだろう。

話題作『シスターズ』の脚本を手がけたチョン・ソギョン氏も、メディアのインタビューでこう語っている。

「最近は、若い人ほどお金の話をたくさんする。まるで挨拶のように、株価やビットコインはどうなったかを話す。今や財テクが自己啓発の一部になった感じだ。今の若者たちはお金に触れる機会が少なかったので、貧困や未来に対する不安と欠乏が大きいと思う」

そのため「貧しい人が突然大金を手にすれば、何を考え、どんな行動をするか。お金が彼らにどんな可能性を与えるか知りたかった」のだとチョン氏は話す。そしてお金の意味について考えさせるという意図のもと、主人公の壮絶な生き様を視聴者にこれでもかと見せつけた。

一方で、メディアが貧困の現実を勝手に規定することは「暴力」という批判もある。たまたま髪の毛がボサボサで、冬のコートの質が悪いという理由で、知らぬうちに他人から「貧しい人」と評価される可能性も否めないのだ。

それゆえにコンテンツの制作側にも慎重さが求められている状況だが、確実に言えるのは、もはや庶民的なヒロインが財閥の御曹司と恋をするシンデレラストーリーは、韓国ではウケないということだろう。

「幸せいっぱいな物語は、私たちを変えられない」というチョン氏の発言からも、韓流コンテンツの今後の傾向が予測できる。もしかしたら、そこにも新たなビジネスチャンスが潜んでいるかもしれないだけに、引き続き動向を注視していきたい。

【関連記事】
■『パラサイト 半地下の家族』 滝藤賢一の映画独り語り座62
■お金が人生を狂わす! 話題のNetflix最新韓国ドラマ2選
■『イカゲーム』が凄まじい理由とは? 今すぐ見るべきNetflixの名作セレクト

■連載「ビジネスパーソンのための韓タメ最前線」とは……
ドラマ『愛の不時着』、映画『パラサイト』、音楽ではBTSの世界的活躍など、韓国エンタメの評価は高い。かつて「韓流」といえば女性層への影響力が強い印象だったが、今やビジネスパーソンもこの動向を見逃してはならない。本連載「ビジネスパーソンのための韓タメ最前線」では、仕事でもプライベートでも使える韓国エンタメ情報を紹介する。

↑ページTOPへ戻る

 

過去連載記事

TEXT=李ハナ(ピッチコミュニケーションズ)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる