MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2023.05.24

MINIのこだわりがカタチになった、次世代EVコンセプトカー

英国プレミアム・カーとして世界中にファンを持つMINI。今季、ブランド初となるクロスオーバー・タイプの電気自動車コンセプトカー「MINI Concept Aceman」が発表され注目を浴びている。

「MINI Concept Aceman」

「MINI Concept Aceman」は、MINIが目指すドライビングプレジャーを詰めこんだ次世代電気自動車。

次世代のMINIが目指す“カリスマティック・シンプリシティ”とは

デザイン部門責任者を務めるオリバー・ハイルマー氏は次世代MINIの可能性をこう語る。

「特徴をひと言で言い表すなら“カリスマティック・シンプリシティ”。最先端のデジタル・インテリア体験、それにレザーやクロームを用いない新素材を活用することで、革新性を表現しました」。

つまり、完全電動化の将来に向け、MINIが志向する電気によるゴーカート・フィーリングや没入できるデジタル体験、そして最小限の環境負荷といったこだわりがカタチとなっているのだ。

「MINI Concept Aceman」のハッチバック デザイン

クロスオーバー型のハッチバックデザインが印象的。

「MINI Concept Aceman」の内装

内装にはエコロジカル素材を多用している。

「MINI Concept Aceman」のインパネ周り

機能性や利便性と同時に、エンタテインメント性も盛りこまれたインパネ周り。

さらにハイルマー氏はつけ加える。

「小型ボディゆえ道路上では場所をとらず、小型バッテリーゆえ車内は広く快適。そしてエモーショナルな点をぜひ見てほしい」

時代とともに進化を続けるMINI。そのコンセプトづくりにはビジネスのヒントがある。

MINIのオリバー・ハイルマー氏

MINIデザインのコンセプトをつくるオリバー・ハイルマー氏。

OLIVER HEILMER
1975年ミュンヘン生まれ。プフォルツハイム大学デザイン学部輸送機器デザイン専攻。2000年BMW AGに入社。BMWのインテリア・デザイン部門などを歴任。2016年BMWグループ・デザイン・ワークス所長を経て、2017年からMINIデザイン部門の責任者に就任。

MINI CONCEPT ACEMAN
MINIの伝統を引き継ぎつつ、未来のビークルとして新たな可能性を模索した次世代電気自動車コンセプトカーの第1弾。先進的なボディカラーに加えマッチョな車両デザイン、そして電子技術がもたらす新しいデジタル・インテリア体験を一体化させたデザインがポイント。

問い合わせ
MINI カスタマー・インタラクション・センター TEL:0120-3298-14

TEXT=長谷川剛

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

【ゲーテ11月号】大人が着るべき紳士服。表紙は岡田将生、松坂桃李etc.上昇する日本ワインとは

11月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

【ゲーテ11月号】大人が着るべき紳士服。表紙は岡田将生、松坂桃李etc.上昇する日本ワインとは

仕事や遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2023年9月25日に発売となる。特集では、今、エグゼクティブが着るべき、型にはまらない紳士服を紹介する。表紙には、映画『ゆとりですがなにか インターナショナル』から、岡田将生さん、松坂桃李さん、柳楽優弥さんらメインキャストだけでなく、水田伸生監督、脚本を担当した宮藤官九郎さんまで登場! ゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」で発売された新たなNMNサプリメントもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる