MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ART

2022.05.19

国内初! 木梨憲武の愛とセンスあふれる京都・祇園のギャラリー

祇園町南側、お茶屋や料理屋が立ち並ぶ石畳の道から路地へ。街の人たちだけが通るひっそりとした小路に面した町家がある。Galleryの文字に惹かれて格子戸を開けると、モダンな空間と鮮やかな色彩が目にとびこんでくる。ここは、木梨憲武が国内で初めて開いた「KINASHI art gallery GION」だ。木梨憲武の明るく愛情あふれる世界観にグッと引き込まれた。

昨年、京都祇園にギャラリーをオープン

アーティストとしても知られる木梨憲武の作品を展示するギャラリーがオープンしたのは、2021年3月。大々的には告知していないにも関わらず、ファンのみならずアート通が足を運ぶという。

すでにご存知とは思うが、木梨憲武は、ニューヨーク、ロンドンでも個展を開催。キットカット45周年記念パッケージのデザイン、adidasによるラグビー・ニュージーランド代表「ALL BLACKS(オールブラックス)」をテーマとしたアートプロジェクトのメインクリエイターとしても参画するなど、国内外でその才能を認められている。

1994年に名古屋で初個展を開催して以来、国内では9度、30会場で個展を展開してきた。それから27年、京都祇園で自らのギャラリーオープンにいたった。京都祇園の街や風情の美しさに惹かれ、開館に踏み切ったという。

花見小路から東に入った路地奥のギャラリーは、料理屋と見紛う風情ある建物。

1階は、木梨憲武の作品をモチーフにした手ぬぐいや扇子といったグッズを販売するショップ。2階のギャラリーでは、木梨憲武の作品を販売している。

2022年4月にスタートした展示のテーマは「グラフィック」。アクリル絵の具作品が多い中、今回はグラフィック作品に限定することに。開催にあたって、以前手掛けた作品にもさらに手書きで文字や絵を加え、バージョンアップしたそうだ。

グラフィックデザイナーとコラボした自身の顔をモチーフにした作品や、アルファベットをランダムに組み合わせた「A to Z」など、8点。

どの作品も、見るだけで気持ちが解放されていくような、明るさと優しさと愛がある。
展示作品は購入できるので、気に入ったらぜひギャラリースタッフに問い合わせを。公式HP内にある、2階の様子をリアルに再現したバーチャルギャラリーからも申し込みが可能だ。

1階のショップにも、代表的な作品「お手月 REACH OUT」の立体版画などが飾られ、木梨ワールドを満喫できる。

美しい色彩で花束を描いた「感謝」をモチーフにした手ぬぐい。「REACH OUT」の手をモチーフにしたキーホルダーやバッグなど、ここでしか買えないグッズも多数。特別な京都土産にするのもいい。

八坂神社や建仁寺といった名所からもすぐの場所、東山散策の途中に立ち寄って、木梨憲武の世界観にひたってほしい。

「けん玉 REACH OUT」¥5,060

KINASHI art gallery GION
住所:京都市東山区祇園町南側570-8
TEL:075-744-6994
営業時間:10:00~18:00
休日:火曜
公式HPアドレスはこちら

木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-
場所:上野の森美術館
期間:2022年6月4日(土)~6月26日(日)

TEXT=中井シノブ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

8月号 Now on sale

ゲーテ8月号はビジネス魂に火をつける高級腕時計を一挙ご紹介!

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

8月号 Now on sale

ゲーテ8月号はビジネス魂に火をつける高級腕時計を一挙ご紹介!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]8月号が6月23日に発売となる。総力特集は、ビジネス魂に火をつける高級腕時計。そのほか、海を愛するエグゼクティブたちのための海特集も必見だ!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる