MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2024.01.21

ブルガリ、2024年ヴァレンタイン限定チョコレート&カクテル

2024年のバレンタインデーまで1ヵ月を切り、さまざまなブランドが続々とチョコレートギフトを発売。そのなかでも、毎年目が離せないのが、ブルガリによるヴァレンタインデー限定のチョコレートだ。カクテルと合わせ、新たなチョコレート体験を味わいたい。

ブルガリ イル・チョコラート「サン・ヴァレンティーノ2024」とブルガリ ギンザ・バーのカクテル

南イタリアへと誘う、宝石のようなチョコレート

ジュエラーのブルガリによる「宝石」という名を持つ「チョコレート・ジェムズ」。

ブルガリのチョコレート工房には、希少なイタリア産食材をはじめとする厳選素材が世界中から集められ、ショコラティエの齋藤香南子さんにより、ひとつひとつ丁寧に手づくりされている。いくつもの緻密な作業を経て、ひと粒に2~3日かけて完成するという「チョコレート・ジェムズ」は、まさに宝石をつくり出すプロセスそのものだ。

齋藤さん
メートルショコラティエ・齋藤香南子さん。

美しく、芸術性溢れるブルガリの「チョコレート・ジェムズ」。そして今、絶対にチェックしておきたいのがヴァレンタインデー限定のフレーバーだ。

5種類のヴァレンタイン限定フレーバーの「チョコレート・ジェムズ」を詰め合わせた数量限定ボックス「サン・ヴァレンティーノ2024」のテーマは、南イタリアへの甘美な旅。

旅の始まりはカンパニア州のナポリ。アマルフィ海岸を抜け、カラブリア州のベルガモット畑へ。シチリアへ渡り、ピスタチオで有名なブロンテ、パレルモの市場バッラロを巡る。終わりはアーモンドの産地アグリジェント。

それは地中海の太陽を感じる旅だ。オリーブオイル&バジル、ベルガモット&ケッパー、ピスタチオ&フェンネル、オレンジ&シナモン、アーモンド&ローズマリーの5つのフレーバーは、南イタリアの美しい自然を表現する。

「5つの『チョコレート・ジェムズ』は味や香りはもちろん、テクスチャーもそれぞれ異なります。ぜひ口の中に入れて南イタリアを旅し、地中海の太陽、風、大地を感じてください」(メートルショコラティエ・齋藤香南子さん)。

口の中に入れて、南イタリアの風景をイメージする。味わうのではなく、体験する。それがブルガリのチョコレート。「サン・ヴァレンティーノ2024」の5種の「チョコレート・ジェムズ」は、ぜひパートナーと一緒に、できれば順番に食したい。2024年の南イタリアの旅は、きっと忘れられないものになるはずだ。

ブルガリチョコレート5個入り
「サン・ヴァレンティーノ2024」5個入り¥6,400、10個入り¥14,000。ブルガリ銀座タワー「ブルガリ ギンザ・バー」、松屋銀座「ブルガリ イル・チョコラート」、髙島屋大阪店「ブルガリ イル・チョコラート」、阪急うめだ 「ブルガリ イル・カフェ」、ブルガリ ホテル 東京「ブルガリ ドルチ」、公式オンラインショップにて購入可能(なくなり次第終了)。

ブルガリ ギンザ・バーで味わうヴァレンタインのカクテル

さらにもっと南イタリアを旅したい、という人はブルガリ銀座タワー10階にある「ブルガリ ギンザ・バー」へ。ここではチョコレート同様、南イタリアへの甘美な旅をテーマにした特別なカクテルを提供している。

自然の恵みを存分に受ける南イタリアは、さまざまなハーブ(薬草)が育つことからリキュールも充実。それらを使いながら、独創的なオリジナリティ溢れるカクテル5種を味わえる(2024年2月中旬頃まで)。

カクテルをつくるのは、元々ショコラティエだったバーテンダーの石岡雅人さん。

石岡氏
シニアバーテンダー・石岡雅人さん。

「今回は5つの『チョコレート・ジェムズ』、それぞれと同じテーマで5杯のカクテルをつくりました。クラシックカクテルを、すべてイタリアの材料でアレンジ。新鮮な味わいを楽しんでいただけます」

南イタリアの旅を満喫するには、ぜひ5杯すべてを味わってほしい。何回か通ってコンプリートするもよし、1回でパートナーと一緒に順番に楽しむもよし。石岡さんと会話しながら、南イタリアの土地の歴史や文化を教われば、旅はもっと甘美なものになるはずだ。

パートナーとともに、新しいチョコレート体験、今までにないカクテル体験で、忘れられない南イタリアの旅を。そして甘いヴァレンタインを楽しみたい。

ブルガリ ギンザ・バー
住所:東京都中央区銀座2-7-12 ブルガリ銀座タワー10F
TEL:03-6362-0510
営業時間:12:00〜L.O.22:30(金曜〜L.O.23:30、日曜〜L.O. 18:00)
定休日:無休

TEXT=八木基之(ゲーテ編集部)

PHOTOGRAPH=鈴木拓也

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる