MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.07.25

(惚)オ向イ上ル|秋元康の少年心をくすぐる、紹介制居酒屋

美食を追求する秋元康小山薫堂中田英寿見城徹が選ぶ、最強のレストランガイド「ゲーテイスト2023」。プライベート感溢れる隠れ家レストランを紹介する。今回は東京・代官山の「(惚)オ向イ上ル」。

「(惚)オ向イ上ル」のカレーライス
「黒毛和牛 切り落としカレーライス」(すべての料理は時価)。

秋元康「お子様ランチのときめきを思いだす酒場メニューが満載」

渋谷や代官山にも店舗を展開し、若い世代からの支持も厚い『オ山ノ活惚レ』に紹介制の離れが。酒場を心から愛する店主による酒場好きのための憩いの食空間。お造り、唐揚げといった定番から変化球メニューまで大人心に刺さる料理が充実!

秋元 もともと代官山の『オ山ノ活惚レ』の個室が好きだったのだけれど、最近はもっぱらこちらに通わせていただいています。餃子が美味しいということで大ブレイクして、港区にも新店を出したと聞きました。

見城 酒場ドリームだね。

秋元 そうですね。料理が美味しいのはもちろんですが、見せ方もすごく上手。僕なんて、お品書きを眺めているだけで小躍りしたくなるくらいワクワクします(笑)。必ず注文するのは赤いウィンナーの玉子とじと焼餃子、あと毛蟹のチャーハン。

「(惚)オ向イ上ル」の赤ウィンナーの玉子とじ
「赤ウィンナーの玉子とじ」。“たこさんウィンナー”が大人の郷愁をそそる。
「(惚)オ向イ上ル」の焼きぎょうざ
「お向の焼ぎょうざ」。一度蒸してから仕上げに高温でパリッと焼き上げる餃子は他店舗でも大人気。
「(惚)オ向イ上ル」の毛蟹チャーハン
毛蟹を一杯丸ごと使った「毛蟹チャーハン」。

小山 たしかに興味がそそられますね。お店は広いんですか?

秋元 カウンターメインのフロアとその上の階に個室と8人掛けのテーブル席があって、僕はそこが好き。紹介制といっても、代官山のお店に何度か行ったことがあれば予約を取ってくれるので、酒場好きの方にはぜひ行っていただきたいです。

「(惚)オ向イ上ル」の店内
8名まで座れるテーブル席と同フロアに6名用個室も備える。少人数の場合はカウンター席もお薦め。

(惚)オ向イ上ル/Kapporeomukainoboru
渋谷や代官山に続く4店舗目。京料理や居酒屋などさまざまなジャンルを経験して独立したオーナーが営む“大人心をくすぐる酒場”とあって、メニューも多彩にラインナップ。問い合わせはInstagram(@oyama_kapporeからも可)。

住所・TEL:非公開
営業時間:17:00~翌1:00
定休日:無休
座席数:21席

【特集 ゲーテイスト2023】

この記事はGOETHE2023年8月号「総力特集:号泣レストラン」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=藤田実子

PHOTOGRAPH=菊池陽一郎

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる