MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.07.17

鶫(特別室)|中華・鮨・焼鳥・お好み焼きを一軒で。西麻布の“秘密の部屋”

美食を追求する秋元康小山薫堂中田英寿見城徹が選ぶ、最強のレストランガイド「ゲーテイスト2023」。プライベート感溢れる隠れ家レストランを紹介する。今回は東京・西麻布の「鶫[つぐみ](特別室)」。

「鶫(特別室)」の料理

特別室ならではのメニューの一例。全国の銘柄鶏を5~6種使い分ける焼鳥(1本¥500~)、キャベツたっぷりの広島焼き¥3,000、小肌と刻みガリの握り(¥1,100)、担担麺¥1,500。「金魚鉢レモンサワー」(¥2,800)のグラスの大きさに驚愕!

見城徹「好きな料理を気分のままに。これぞ大人の贅沢!」

星条旗通り沿いのエントランスからは想像できないが、実はここは中国料理、焼鳥、お好み焼きの店が一堂に会す食のワンダーランド。その“特別室”では、すべての店の料理を注文可能。食いしん坊の願望を満たす、スペシャルなこなし術とは。

秋元 一軒でハシゴ気分を味わえるのが『鶫』の個室。知る人ぞ知る秘密の部屋です。

見城 同じビルの中に中華と鮨、焼鳥、お好み焼きの店が横丁のような感じで入っていて、この個室だとすべての料理を頼むことができるんだよね。

「鶫(特別室)」の部屋

特別室へは星条旗通りとは反対の“裏動線”から。

秋元康「ジャンルを超えて好きなものだけがテーブルに並ぶ幸福感には抗えない」

秋元 見城さんは熱々のほうが美味しいからと、餃子を何人前まとめてではなくて、ひと皿ごと注文する。我儘ではなく、美味しいものを美味しく食べたいという情熱の表れです。

見城 それは大袈裟(笑)。でも、例えば焼鳥3本、鮨はおまかせで5貫とか、そういう注文の仕方ができるので、会食には本当に重宝すると思う。

秋元 炭水化物好きとしては鮨と担担麺と親子丼はハズせません。

小山 僕は旅先だと5〜6軒めぐるのも好きですが、それだけいろいろなジャンルがひとつの場所にあれば、一軒で完結しそうですね。

「鶫(特別室)」のシェフ4人

各店の腕利き店主。左から平井謙一郎氏(鮨)、菊池潤氏(お好み焼き)、浜崎翔氏(中国料理)、梅園瞬氏(焼鳥)。

鶫(特別室)/Tsugumi Tokubetsushitsu
中国料理、焼鳥、鮨、お好み焼きでそれぞれスペースが分かれているが「特別室」では全店の料理を注文可。ワインや日本酒も豊富に揃える。野菜鮨や変わりもんじゃなど、各店で個性的なメニューを用意しており、楽しみ方は無限大。

住所:東京都港区西麻布1-4-48 大樹ビル1・2F
TEL:03-6447-0171
営業時間:18:00~23:00
定休日:日曜
座席数:4席(特別室)

【特集 ゲーテイスト2023】
 

この記事はGOETHE2023年8月号「総力特集:号泣レストラン」に掲載。購入はこちら▶︎▶︎

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=大谷次郎

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる