MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.07.24

ASTERISCO|小山薫堂プロデュース、米由来の食材を使った小皿イタリアン

美食を追求する秋元康小山薫堂中田英寿見城徹が選ぶ、最強のレストランガイド「ゲーテイスト2023」。五感を刺激する、衝撃の新店を紹介する。今回は東京・八重洲の「ASTERISCO(アステリスコ)」。

「ASTERISCO」のブイヤベース
「魚介たっぷりブイヤベースと揚げおこげ」¥3,800。おこげはスープに浸しても、ばらして振りかけてもいい。

小山薫堂「小皿料理が豊富でカジュアルで安くて美味しい」

八重洲の複合施設「YANMAR TOKYO」にオープンしたイタリアン。コースメニューに加え、ディナーはワゴンサービスによる小皿料理やアラカルトも充実。

小山 ここは僕が監修したイタリアンなんです。オーナーがヤンマーさんなので、お米がテーマ。以前行ってすごく感動したサンフランシスコの『State Bird』というレストランの、ちょっとした小皿料理を飲茶みたいに運ぶスタイルを再現したいと思って、ワゴンやトレイから選ぶ小皿料理を充実させています。

見城 そういう店はないからいいね。何がお薦めなの?

小山 料理は六本木のイタリアン『ラ・ブリアンツァ』の奥野シェフがプロデュースしているんですけど、例えばお米を使った麺のカルボナーラとか。ちょっとしたつまみも美味しいですよ。

「ASTERISCO」のカルボナーラ
「食べれば分かるスパゲッティカルボナーラ」¥2,200。写真のヌードルはモチッとした米粉パスタ(+¥300)。

秋元 面白い! 興味を惹かれますね。

見城 全部に米由来の食材を使っているの?

小山 全部ではないですが米粉のパンとかも美味しいですね。あと米焼酎を使ったレモンサワーもいいですよ。カクテルは世界的バーテンダーの後閑信吾さんがプロデュースしてます。カジュアルで安くて美味しいのがポイントです。

「ASTERISCO」のレモンサワーと帆立貝のフリット
「自家製レモンサワー」(¥900)によく合う、衣があられの「帆立貝のレインボーフリット」¥1,500。コースに付く米粉パンはアラカルトだと2個¥200。
「ASTERISCO」の店内
窓の外は東京駅八重洲口。

ASTERISCO/アステリスコ
レストラン名は「※米印」をイタリア語で表現した「*ASTERISCO」から。

住所:東京都中央区八重洲2-1-1 YANMAR TOKYO 2F
TEL:03-3277-6606
営業時間:11:30~L.O.14:30、17:30~L.O.21:30
定休日:不定休
座席数:テーブル86席、個室1室(~12名)
料金:ランチ¥2,000~、ディナー¥5,000~、アラカルト1品¥800~ ※現金不可 

【特集 ゲーテイスト2023】

この記事はGOETHE2023年8月号「総力特集:号泣レストラン」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=小松めぐみ

PHOTOGRAPH=中庭愉生

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる