MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.10.18

中田英寿がプロデュース! 日本茶の新しい時代を創る“食中茶”とは

日本には四季折々の旬の食材があり、その味わいを通して季節を楽しむ文化が根づいている。今回、中田英寿が手がけた「HANAAHU TEA(ハナアウ ティー)」も季節とともに変化する日本人の感性、そして食事との相性を追求した食中茶に仕上がっていた。

HANAAHU TEA

食事に寄り添う日本茶「HANAAHU TEA」

春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて すずしかりけり──鎌倉時代の僧・道元の和歌が今も古く感じられないのは、四季折々の美に触れることに喜びを感じる日本人の心が今も昔も変わらないからだろう。桜や紅葉を観賞したり、旬の食材を味わったりと季節の移ろいを楽しむ感性は、日本のさまざまな文化の土台となっている。

「HANAAHU TEA」は、そんな日本特有の季節感を表現した食中茶のブランドだ。日本の風土で育まれた風味豊かな茶葉に季節感を与えるのは、匠の技を持つ職人たちの焙煎とブレンド。

例えば春をイメージした「KUSAWAKABA(草若葉)」(写真左)は、茶葉の焙煎の度合いとブレンドの比率を工夫することで、春らしい華やかさと優しい苦味が表現されている。そのキレのある味わいと清涼感のある香りは、魚介の酢の物や、バジルの冷製パスタのような“青味”のある料理と抜群の相性。

一方、「AKIZAKURA(秋桜)」(写真右)は、実りの秋にふさわしい豊かな味わい。深みのある華やかな焙煎香と爽やかな旨味は、サクッとした天ぷらや出汁の旨味が染みた煮こみ料理にぴったりと寄り添う。渋味は優しく、口当たりは柔らかく、長い余韻も楽しめる。

2022年秋に展開予定のお茶はこの2種だが、今後はさらに種類が増えていく。熟練の職人が努力を重ね、「夏の涼やかな味わい」と「冬の柔らかな苦味」の表現に取り組んでいるという。

季節を慈しみ、食事とともに楽しむ「HANAAHU TEA」。日本茶の新しい時代を創る食中茶は、既に料理人の間で評判だ。

HANAAHU TEA

HANAAHU TEA
「HANAAHU TEA」は四季をテーマに季節を感じさせる味わいの商品を展開。「KUSAWAKABA」は、若葉のニュアンスと、レモングラスを思わせる清涼感のある香り、優しい旨味と清々しく伸びやかでフレッシュな風味が特徴的。「AKIZAKURA」はフローラルで華やかな香りと芳ばしさが持ち味。
※特定の飲食店で2022年11月より提供スタート予定

TEXT=小松めぐみ

PHOTOGRAPH=太田隆生

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる