MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.09.25

自然の恵みを味わうヴーヴ・クリコのガーデンガストロノミー

”品質はただひとつ。最高級だけ”――イエローのラベルでおなじみのシャンパーニュ、ヴーヴ・クリコ。2022年夏、メゾンの礎を築いたマダム・クリコの理念をカタチにした特別なイベントが開催された。

クリコ1

グラン・クリュの葡萄にはグラン・クリュの野菜

1772年に設立され、今年250周年を迎えたシャンパーニュメゾン、ヴーヴ・クリコ。その名前はマダム・クリコと呼ばれたひとりの女性に由来する。

27歳で未亡人となったマダム・クリコは、義父が創業したメゾンを引き継ぐことになる。当時はまだ女性の経済的自立が困難であった時代。固定観念にとらわれない彼女は、シャンパーニュの醸造、販売においていくつもの革新をもたらし、メゾンを大きく発展させていく。その後、彼女の業績を称え、シャンパーニュ地方の「ラ・グランダム(偉大なる女性)」と呼ばれるようになった。

そんなメゾンの母ともいえるマダム・クリコは、生前、シャトーの前に畑を所有し、野菜などを育てていた。現在もその畑はシャンパーニュ地方のヴェルジー村にて継承されている。そこでは料理とシャンパーニュのマリアージュの研究をするためのガーデン(菜園)が設けられているのだ。

そして、この目の前のガーデンで採れた野菜やハーブを中心に、肉や魚はあくまで脇役とする料理――それがヴーヴ・クリコの提唱するガーデンガストロノミーだ。

その最先端ガストロノミーを体験するイベントが今夏、北海道で行われた。場所は日本唯一のポロ競技場を併設する、東京ドーム9個分の広大な敷地を持つ牧場「北海道ホームファーム」。参加したゲストはポロのデモンストレーションを楽しんだ後、併設する菜園で野菜を自ら収穫。そして、その野菜を使ったコース料理をクラブハウスで堪能した。

クリコ3

クリコ4

採れたての野菜を調理したのは、国内外からグルマンが訪れる和歌山「ヴィラ アイーダ」の小林寛司氏。自身もレストランからほど近い場所に畑を所有し、収穫した野菜を調理して提供する、まさに“ガーデンガストロノミー”を体現するシェフだ。

ヴーヴ・クリコのプレステージ・キュヴェ、ラ・グランダムにインスパイアされた小林シェフの料理は「北海道風味」と名付けられ、いずれも瑞々しく生命力に溢れた皿ばかり。それは繊細でありながら力強いシャンパーニュと見事なハーモニーを奏でていた。

クリコ2

食事の終盤、地平線の向こうに夕日が沈んでいくのが目に入る。クリコイエローに染まる夕焼けを見ていて思ったのは、自然の偉大さ。大地の恵みの結晶ともいえる野菜の料理とシャンパーニュを口にして、その豊かさにただただ頭が下がる思いだった。

TEXT=八木基之(ゲーテ編集部)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

5月号 Now on sale

【ゲーテ5月号】表紙は木村拓哉! ツウなら知っておくべき情報が満載のゴルフ特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

5月号 Now on sale

【ゲーテ5月号】表紙は木村拓哉! ツウなら知っておくべき情報が満載のゴルフ特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]5月号が2023年3月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは木村拓哉。特集では、元読売巨人軍の高橋由伸と上原浩治をはじめ、一流の仕事人たちのゴルフライフをご紹介!そのほか、シーン別のコーディネイトを紹介する、ファッション特集や、新作小説を語る太田光のインタビュー、大工集団鯰組とゲーテのコラボ企画も必見。ゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる