MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.05.16

雌羊を食べ比べ! 西麻布の進化系ジンギスカン「Azabu ewe」

春の乳飲み仔羊など、クセの少ない「ラム」、旨味の強い成羊「マトン」、その中間の「ホゲット」、そして産地や雌雄の違いなど羊の楽しみ方が年々多様化している。「羊肉が苦手」はそろそろ卒業? 今回は、羊を楽しめる西麻布のレストランを紹介。

【羊愛好家垂涎! 希少な国産を堪能できる恵比寿の注目店「羊飼いの食卓 Tiscali」】の記事はこちら

Azabu ewe

ニュージーランド産ハンプシャー種のマトン(¥2,700)、玉ねぎともやしに加えて、筍や山菜などの旬を味わえる5種盛り合わせ(¥2,500)もぜひ一緒に。

ぬかりない工夫と驚きのメニュー展開

店名の「ewe」は"雌羊"という意味。西麻布に2022年3月にオープンし、なんと流通頭数の極めて少ない未経産の雌羊に特化している。

「雌というだけでなく、ニュージーランド、オーストラリア、北海道で牧草にもこだわって育てられたラム、ホゲット、マトンを扱っています。気候や風土、年齢によって異なる食感や旨味、香りを食べ比べられるのは東京では恐らく当店だけ」とシェフの齋藤拓也氏。こだわりの肉をより美味しく提供するため、炭火コンロで楽しませてくれる。

Azabu ewe

右:羊もも肉のトマト煮を挟んだ麻布スライダー(¥1,200)。ヨーグルトソースが爽やか。 左:タスマニア産牡蠣を使った羊風キルパトリック(¥800)

Azabu ewe

羊肉に合うナチュラルワインからグランヴァンまで豊富に揃う。

またジンギスカンといえばタレが主流だが、同系列のモダン・オーストラリア料理店で15年以上の経験を積んできた齋藤シェフは、その枠に収まらず、おろしたてのライムの皮を混ぜた岩塩、中東の"デュカ"風ミックススパイスや山わさびビネガーなど自家製の調味料も用意して羊そのものの魅力を引きだす工夫もぬかりない。さらに締めのお楽しみには、羊肉のミニバーガーや羊骨スープのうどんなど、従来のジンギスカン店では味わえない驚きのメニューで、羊の未知の領域に誘ってくれる。羊好きはもちろんのこと、ちょっと苦手という人こそ誘いたくなる店だ。

Azabu ewe

柔軟な発想でここでしか味わえない羊メニューを生みだす齋藤シェフ。

Azabu ewe

カウンター席、2名~10名席、個室とTPOに応じてさまざまな席が用意されている。外苑西通りに面し、今の時期はオープンエアに。

Azabu ewe(アザブ ユウ)
住所:東京都港区西麻布1-15-10 パークビュー西麻布1F
TEL:03-6384-5240
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:日曜
席数:28席

【羊愛好家垂涎! 希少な国産を堪能できる恵比寿の注目店「羊飼いの食卓 Tiscali」】の記事はこちら

TEXT=藤田実子

PHOTOGRAPH=上田佳代子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる