MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2022.01.21

クロノグラフの名門、エベラールが日本に本格上陸!

男性にとって数少ないアクセサリーでもある腕時計。だからこそ、時計選びには個性とともに語れる“ストーリー”も腕元に纏(まと)いたい!

エベラール

クロノ4 21-42
時計史上初、並列した4つのカウンターを備えた特許取得済みのクロノグラフ。クル・ド・パリ装飾を施した文字盤やスネイル装飾を加えたインダイヤルなど、仕上げも美しい。自動巻き、SSケース、径42mm。¥1,034,000(エベラール・ジャパン TEL:03-5422-8087)

約135年にわたって歴史を紡いできたマニュファクチュール

エベラールという時計ブランドをご存知だろうか。時計産業の聖地、スイスのラ・ショー・ド・フォンでは数多くの高級ウォッチメゾンが誕生してきたが、1887年に創業したエベラールもそのひとつ。欧米、特にイタリアのエグゼクティブたちの間で絶大な人気を誇り、日本でも知る人ぞ知るブランドとして一部の時計愛好家たちの間で注目を集めてきた。

エベラール

発売年とケースサイズを意味する「21-42」は、2021年にスタートした新コレクション。日本本格上陸に関わるひとつの象徴でもある。

高い技術力と品質は折り紙つき。それはマニュファクチュールとして約135年にわたって歴史を紡ぎ、独立性を保ってきた事実が証明している。近年はより多くの人にブランドの理念が届くよう体制を一新。2021年、日本本格上陸を果たした。

エベラールはクロノグラフの名門でもあり、時計史に刻まれる革新的機構を数多く開発してきた。なかでも’01年発表の「クロノ4」は、4つのカウンターを並列させるという前代未聞の表現に成功して、時計業界に大きな衝撃を与えた。ただでさえ歯車が複雑に絡み合う機構をイチから再構成し、カタチにできたのはエベラールが誇る技術力の賜物といえる。また、軸受けに使うルビーを、一般的なムーブメントの倍近い53石も使用していることでも、その精巧さがうかがえるだろう。このたびの日本本格上陸における主役としても、改めて脚光を浴びているモデルだ。

TEXT=横山博之

PHOTOGRAPH=村本祥一(BYTHEWAY)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる