GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2020.12.13

新作タイムピース! 個性的な高級ウォッチ選【ブレゲ/ウブロ/パテック フィリップ/リシャール・ミル】

知的好奇心をくすぐる型破りな腕時計が注目されている。なぜビジネスパーソンの腕時計には色やデザインに個性を纏まとう、“遊び心”が大切なのか? 新作タイムピースのなかから、己を鼓舞する個性派ウォッチの数々を紹介する。

仕事に効く、型破りの新様式

社会構造や働き方が急速に変化している現代のビジネスパーソンが手にすべき時計は何だろうか? これまでのビジネスウォッチは、さり気なく誠実さを表現するものだった。

しかし現在の社会情勢では、打ち合わせであれ、会議であれ、人と対面して何かをすること自体が特別なことになっている。コミュニケーションの大切さが身に沁みる時代ゆえ、“人と会う”というリアルな機会を大切にしたいし、楽しみたい。だからこそ身につければ気分が上がるだけでなく、相手の心をもガツンと摑んでしまう「個性派ウォッチ」が求められるのだ。

希少な限定モデルや複雑なメカニズムを搭載する腕時計は大きな興味を引くだろうし、色に特徴があるなら、コーディネイトの差し色として効果的だろう。

全世界総ディスタンス時代の時計は、コミュニケーションツールとしての能力が特に強く求められる。一見しただけで、オヤッと思わせる個性派ウォッチをビジネスの場で使うことは、少々常識外れかもしれないが、時代の変革者や挑戦者はいつだって型破りであったのだ。

そんな心構えで個性派ウォッチを腕元で躍らせようじゃないか。

BREGUET

BREGUET

トラディション オートマティック レトログラードセコンド 7097

初代ブレゲが考案した懐中時計をイメージソースとする「トラディション」は、小さな時刻表示を12時位置に移動させたことで生じたスペースに時計機構を集約。チクタクと優雅に時を刻む姿をいつでも愛でることができる。その新作はブルーのダイヤルにかぶさるようにレトログラード式の秒針をセットし、さらに重層的に機構の動きを楽しめるようになった。

トラディション オートマティック レトログラードセコンド 7097

モダンなスケルトンウォッチが増えているが、このモデルは古典的な機構をモノトーンで端正に見せる。個性的なのにさり気ない佇まいに好感が持てる。自動巻き、18KWGケース、径40mm。ブティック限定。¥3,910,000(ブレゲ ブティック銀座 TEL:03-6254-7211)

 

HUBLOT

HUBLOT

ビッグ・バン ウニコ サンブルーⅡ キングゴールド ホワイト

ロンドンのタトゥースタジオ「サンブルー」とウブロがコラボ。幾何学モチーフの大きな針がダイヤルを覆い尽くすスタイルは、まさに圧巻。時間の経過とともに重なりが変化し、次々と新しい表情を生みだす。素材には独自開発のキングゴールドを採用。この素材はやや赤みがかった色が特徴で、銅にプラチナを加えて褪色を防いでいる。

ビッグ・バン ウニコ サンブルーⅡ キングゴールド ホワイト

幾何学デザインは針にも取り入れられ、しかも面によってサテンとポリッシュで仕上げを変えている。派手に見えるが、実は細部までこだわりが深い。自動巻き、18Kキングゴールドケース、径45mm。世界限定100本。¥5,010,000(LVMH ウォッチ・ジュエリ- ジャパン ウブロ TEL:03-5635-7055)

 

PATEK PHILIPPE

PATEK PHILIPPE

カラトラバ・パイロット・トラベルタイム 7234

ケースサイドのふたつのプッシュボタンを操作すると、センターの時針が前後に1時間分ジャンプするトラベルタイム機構を搭載。時針をローカルタイム(現地時刻)へと修正しても、ホームタイム(自国の時刻)を表す中空針は移動しない。ホームとローカルの両方にナイト&デイ表示があるのも便利。遠い異国への旅を思いださせてくれる、スポーティで実用的な旅時計だ。

カラトラバ・パイロット・トラベルタイム 7234

さまざまな付加機能があるが、トラベルタイムは視認性と操作性の両方で、極めてレベルが高い。リッチな旅がしたくなる、ライフスタイルウォッチである。自動巻き、18KWGケース、径37.5mm。¥5,070,000(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター TEL:03-3255-8109)

 

RICHARD MILLE

RICHARD MILLE

RM 72-01 オートマティック フライバック クロノグラフ

フライバック式クロノグラフの機構を新開発した、完全自社製ムーブメントを搭載。特徴は60分と24時間の積算形をダイヤルの右側に縦配列(9時位置はスモールセコンド)。その結果、ダイヤルデザインもまったく新しい表情となり、モダンな迫力が加わった。クロノグラフの作動構造を研究し、薄型化にも成功。425個のパーツを使いながら、ムーブメント厚は6.05mmしかない。

RM 72-01 オートマティック フライバック クロノグラフ

もはや定番化しているフライバック式クロノグラフを、機構から新たに再設計するという姿勢自体が型破り。デザインと機構が完璧に融合している。自動巻き、Tiケース、縦47.34×横38.4mm。¥20,500,000[予価](リシャールミルジャパン TEL:03-5511-1555)

TEXT=篠田哲生

PHOTOGRAPH=宇田川 淳、太田崇博(Retouch)

STYLING=石川英治(T.R.S)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

GOETHE 2021年2月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

謎に包まれたアートの仕事を徹底解剖!/表紙 西野七瀬

12月24日発売の「ゲーテ2月号」は豪華3本立て! 総力特集は「アートのお仕事」。アートの世界で働く仕事人たちを徹底取材! 一度心を捉えたら離さない、アートの奥深い魅力を大公開します。また、多彩な活躍をする西野亮廣が時代をつくる才能の育て方を激白。さらに、競馬界のレジェンド武豊さんに1年密着取材を敢行! 孤高のジョッキーの光と影が語られます。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる