GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2020.12.09

オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク」初の自動巻きフライング トゥールビヨン【意欲的新作ウォッチ 37】

新型コロナウイルスにより、新作発表会が中止や延期を余儀なくされたウォッチシーン。一体新作はどうなるのか!? しかし心配ご無用。主要ブランドからは、新作情報が続々と届いている。そんな中から、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる”活きのいい”モデルを厳選! 連載第37回は、オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク フライング トゥールビヨン」を紹介する。

3つの素材が揃うロイヤル オーク☓トゥールビヨンの最新作

ラグジュアリースポーツウォッチの人気の過熱も相まって、飛ぶ鳥を落とす勢いで2020年を駆け抜けたオーデマ ピゲ。多くの新作が登場したなかでハイライトを飾る真打ちがある。

1972年に発表された2針のスポーツウォッチのルーツを持つ「ロイヤル オーク」はご存知のように、今では多彩なファミリーを持つことで知られており、パーペチュアルカレンダーを筆頭にコンプリケーションが豊富なバリエーションに揃う。

トゥールビヨン搭載モデルについては、1997年のファーストモデルが登場から20年以上の歳月が経ち、これまで多くの派生モデルが発表されてきた。

その最新版として、「ロイヤル オーク」史上初の自動巻き式のフライング トゥールビヨンが満を持しての登場となった。

フライング トゥールビヨンに負けず劣らずの美しさを醸す外装の仕上げ。

ケース&ブレスレットの素材は、ステンレススチール、18Kピンクゴールド、チタンの3種類で展開する。いずれもブランドの十八番であるサテンブラッシュとポリッシュ面取りは健在だ。

「ロイヤル オーク」の伝統であるステンレススチール☓ブルーのタペストリー装飾のダイヤルという組み合わせを採用。自動巻き、SSケース、径41mm。価格問い合わせ

サンドブラスト仕上げのスレートグレーダイヤルは、チタン製のケース&ブレスレットと完璧に調和する。自動巻き、TIケース、径41mm。価格問い合わせ

18Kピンクゴールドの色調に合わせたスモークグレーのダイヤルカラーが新鮮に映る。自動巻き、18KPGケース、径41mm。価格問い合わせ

普段使いでこそ真価を発揮する自動巻きフライング トゥールビヨン

「ロイヤル オーク」でのフライング トゥールビヨン搭載モデルは、「ロイヤル オーク コンセプト」で2018年に登場しており、新たに開発された2つの専用ムーブメントはいずれも手巻きであった。

このモデルに搭載された自動巻きムーブメントCal.2950は、2019年に発表された最新機種であり、フライング トゥールビヨンとセンターローターを採用している。

自動巻きムーブメントCal.2950はケース&ブレスレットとの見事なまでに馴染んでいる。

時計の両面から眺められるフライング トゥールビヨンキャリッジは、非常に美しく緻密な設計でありながら、日常で着用できる耐久性を備えている。

「ロイヤル オーク」のスタイルはそのままにフライング トゥールビヨンを楽しめる。

「スポーツウォッチ☓超複雑機構」の組み合わせから生まれるオーデマ ピゲのハイエンドウォッチの勢いは今後も止まりそうにない。

オーデマ ピゲ ジャパン TEL 03-6830-0000
www.audemarspiguet.com

日本特別コンテンツはコチラ!
https://borninlebrassus.audemarspiguet.com

TEXT=戸叶庸之

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

なぜ、手がける企業は躍進するのか? 佐藤可士和の超仕事術を大解剖!/表紙 佐藤可士和

2021年3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

なぜ、手がける企業は躍進するのか? 佐藤可士和の超仕事術を大解剖!/表紙 佐藤可士和

1月25日発売の「ゲーテ3月号」は名だたる企業のクリエイションを一手に担い成長へ導いてきたクリエイティブディレクターの佐藤可士和を大特集。進化型サウナの最前線GO TO SAUNA特集や、魅惑のチョコレート特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる