小山薫堂が感動。究極の肉体験ができる店名のない会員制、通称『裏虎』 ゲーテイスト2018

いつの時代も男たちの心を捉えて離さない、日本が誇る、すき焼き文化。甘辛いタレが煮立った鍋の肉を生卵につけていただく至福はいかばかりか。王道から進化系まで、すき焼きの新たな楽しみ方を再発見すべし。

夢にまで出てくるすき焼き体験を

小山 すき焼きのトップバッター、僕からでもいいですか?

見城 もちろん。それは、よほど自信があるってことだね。

小山 焼き肉界のカリスマ、『虎の穴』の辛永虎(しんよんぽ)さんが完全会員制でやっている店です。店名はなくて、常連客の間では〝裏虎〞と呼ばれています。

見城 「一度、食べに来てください」って、ご案内というか、果たし状が来てたな(笑)。

秋元 薫ちゃん、何年か前も言ってたよね。かき氷屋の奥に秘密の小部屋があって、みたいな話。

小山 場所が以前と変わりまして。住所も電話番号も非公開で看板も出してないんです。メディア取材は絶対に受けないって言ってたんですが、ゲーテイストならということで特別に。

秋元 受けてくれたのね。

小山 突っ張ってて、メディアには出ない店というのもこの企画らしいと思って。完全会員制だから福山君にもお薦めです。

見城 一見が入れないと言っても、紹介があればいいんだろ? 薫堂の、とかなんとか。

小山 いや、必ず紹介者と一緒に、というのが条件です。

秋元 福山君が行きたいと言ったら薫ちゃんとは一緒に行けるんだよね。で、すき焼き旨いんだ。

見城 そりゃあ、あの店の肉なら旨いに決まっているよね。

小山 最初にネギを焼いて出汁を取るんですけど、ネギの甘みと香ばしさが出て、こんなすき焼きは初体験でした。辛さんがつきっきりで調理してくれて。

『裏虎』(通称)の店主、辛永虎氏。圧倒的な目利き力と嗅覚で肉を仕入れ、最上の調理法で食べさせる。すき焼きも辛氏がつきっきりで調理。「うちのすき焼きを体験したら、これからの人生、他では食べられなくなるよ!」の言葉に納得。

秋元 すき焼きって、昭和のお父さんの特権、みたいな。日曜日の食卓をお父さんが仕切るってイメージだしな……。

小山 (笑)。僕が行った時は松茸の季節で、松茸に肉を巻いて食べたんですが、もうめちゃくちゃ旨かった。肉に卵黄をたっぷりと絡めて食べるんです。辛さんが「今行け!」って言うから食べる側も気を抜けない(笑)。ネギで出汁を取って野菜を巻いたり、松茸を巻いたり、そんな食べさせ方をするすき焼きってなかなかないですよね。

見城 ああいうね、突き詰めた料理人がやっているんだから、それは間違いなく旨いでしょう。

秋元 〆は?

小山 土鍋で炊き立てのご飯が運ばれてきて、そこにお肉をわーっとのせて牛丼にするんです。これはもう究極。それで最後にかき氷が4種くらい出るんですが、さすがにかき氷も旨いです。

見城 一見は行けない店だとしても、行くなら本当に覚悟しなきゃダメだね。気に入られれば最高の肉体験ができると思う。

Uratora
TEL・住所・営業時間・休み:非公開(紹介制)


Text=小山慶子 Photograph=富澤元