MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2024.01.14

映画監督・今村圭佑が、人生で二度感銘を受けた映画とは

数多ある音楽、本、映画、漫画。選ぶのが難しいからこそ、カルチャーの目利きに最上級の1作品を厳選して語ってもらった。今回紹介するのは、撮影監督/映画監督の今村圭佑。【特集 最上級主義2024】

『好きだ、』
石川寛『好きだ、』
2006年に公開された石川寛監督の2作目。17年越しの想いを繊細なタッチで描いたラブストーリー。高校時代を宮﨑あおいと永山瑛太、17年後を永作博美と西島秀俊が演じる。2005年ニュー・モントリオール国際映画祭最優秀監督賞受賞作品。
Blu-ray発売中。発売元:VAP ©『好きだ、』製作委員会

「劇場でひとり観た映画に人生で二度感銘を受けた」

「この作品を初めて観たのは高校3年の時です。地元のミニシアター系の劇場で観たのですが、ちょうど高校生の時に“映画でも観るか”とたまたま行った先で上映されていたのがこの作品でした。劇場内に自分ひとりだけというシチュエーションだったからかもしれませんが、すごく感銘を受けました。

先生から“将来やりたいことを見つけなさい”と言われていたので、すぐに“映画を撮りたい”と言いに行ったほど。

ただ当時の僕は映画小僧というほどではなく、デートで映画を観る程度。この作品をいいなと思ったのは本当ですけれど、半分嘘をついて大学に進学しました。そういう意味で僕の人生を変えた作品です。

その後、今の仕事目線で改めてこの作品を観て思ったのは、記憶に残っていたリアルな空気感や、草が風でキレイに揺れる感じは、作り手の繊細なこだわりにのっとった演出がなされていたのだということ。技術的なことをまったく知らない高校生の自分がいいなと感じた理由がそこでクリアになりました。

プロフェッショナルとしての細かなこだわりは、時として一般の観客の方に伝わりにくかったりするものです。でも何も知らない高校生にも伝わったのですから、自分の小さなこだわりもきっと伝わるはずだと自信になりました。当時の答え合わせができた二度目に鑑賞した時のほうが、今の自分に強く響いたかもしれません」

フォルツァ総曲輪
今村さんがこの作品を観た当時の富山市のフォルツァ総曲輪。
今村圭佑
今村圭佑/Keisuke Imamura
撮影監督/映画監督
1988年富山県生まれ。日本大学芸術学部映画学科を卒業後、撮影技師に。映画『新聞記者』『ヤクザと家族』をはじめ、広告、MVなど多方面で活躍。

【特集 最上級主義2024】

この記事はGOETHE 2024年2月号「総力特集:最上級主義 2024」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら ▶︎▶︎特集のみ購入(¥499)はこちら

TEXT=畠山里子

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる