MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.08.04

【西野亮廣】コロナ禍中に「オンライン配信」が伸びたからといって、まだそのままの感覚でいたら失敗する!―『夢と金』20万部突破の説得力

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#西野さんの朝礼」でお話ししたことから、編集して紹介させていただきます。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ

今日は『「コロナ」と「オンライン配信」のリアルな話』というテーマでお話ししたいと思います。

【連載  『革命のファンファーレ』から『夢と金』】

第105回 コロナ後の今、オンライン配信チケットの売り上げは肌感でいうと、コロナ禍中の3分の1ぐらい

西野亮廣

会社設立から「6年」走り続けて、経験した「現場のリアル」

大学で「経営」を学んだ人や、あるいは元・経営コンサルタントやマーケター、あるいは経済学者といった「経営、ビジネス、経済のことは頭に入ってますよ〜」といった人達。
そういった「経営の合格印」を押されたような人達が会社を経営したら上手くいきそうなもんですが、実際のところは、「会社経営をやってみたけど、思っていた感じにできない」というのがほとんどだったりします。

ウチの会社の設立は吉本興業在籍中の2017年で、気がつけば「6年」も走り続けてきて、どうにかこうにか(皆様の応援のおかげで)今も生き残っていますが…会社経営って、学校で教えてもらえる分も大きいと思うのですが、実際のところは「◯◯さんが、『俺、聞いてないぞ!』と怒って、今回のプロジェクトを降りられるかもしれないから、謝りにいこう」とか、「スタッフがヘソを曲げちゃった。さて、どうすんべ?」とか、そういった「人間の感情」に振り回されることってザラにあって、ここの対応をしくじると、会社が傾くわけですが、何が起きるかは誰にも分からないので、学校で「予習」ができないんです。

「田舎で事業を立ち上げる時は、ご近所の挨拶に行く順番がメッチャ大事」とかあって、これが現場のリアルなんです(笑)。

僕は「評論家」ではなく「実践家」なので、voicyで話す時も、サロン記事を書く時も、ビジネス書を書く時も、ちゃんと「実際はこうですよ」という現場の声を届けるように心がけているのですが、そんな中、今日は現場のリアルなレポートです。

「イレギュラーをイレギュラーとして捉える力」が大切

これはもうサービス提供者全員が、いろんな形で味わったと思うのですが、やっぱり「コロナ」のインパクトというのは本当に大きかった。

僕の場合で言うと、コロナ真っ只中の時に『映画 えんとつ町のプペル』の公開だったので、これはもう本当に大変でした。
「不要不急の外出はするな」みたいな感じで、外出した人間は非国民みたいに扱われていた時代だったので、映画館に人を呼ぶことが大変で大変で、そして、人を呼んだら呼んだでバッシングに遭う…みたいなことがあって、自分の人生の中でもトップ3に入るほどの「苦労」を味わいました。

その一方で、「オンラインサービス」はコロナの恩恵をメチャクチャ受けました。
主に配信系ですね。

僕は時々、オンライン勉強会をするんですけども、コロナ禍でも3回ほどやったんですが、当時(巣ごもり需要があった時)だと、毎回1万名以上の方にご参加いただけたんです。
多い時で1万5000人ぐらい。

ちなみにこれ、フェイスブックのグループを使っておこなった勉強会で、自宅から配信したので、スタッフは僕1人です。
僕1人で1万5000人の(有料の)お客さんを相手していた時期があったんです。
ちょっと狂ってますよね(笑)。

キングコングの武道館ライブの配信チケットも2万5000枚ほど売れました。

今あらためて思うと、やっぱりあの当時というのは、ちょっと異常で、ぶっちゃけ今はオンライン配信チケットの売り上げは肌感でいうと、あの時の3分の1ぐらいのイメージです。

最近、『西野と学ぶ!ChatGPT勉強会』というオンライン勉強会をやって、そちらは8000名近くの方にご参加いただけたのですが(※今もアーカイブを販売中です)、
見誤ってはいけないのが、あれは「ChatGPT」という話題のテーマを取り上げたからであって、そうじゃなかったら、そこまで伸びなかったと思います。

「巣ごもり需要」というのは確かにあって、生々しい話をすると「巣ごもり需要」で伸びた会社(巣ごもり需要に合わせて作られたサービス)が今、軒並み苦戦していて、あらためて「イレギュラーをイレギュラーとして捉える力(ボーナスタイムをボーナスタイムとして捉える力)」というのが大切だなぁと思いました。

「巣ごもり需要」が完全に終わったことを、見誤ってはいけない

これは全然他人事じゃなくて、オンラインサロンメンバーさんはご存知だと思うのですが、舞台『テイラー・バートン』も、僕がプロデューサーとしてバトンを受け取る前は、「オンライン配信チケットが売れる前提」で予算を設計していたんですね。

僕が入って、「すぐにそれはやめよう」と大鉈を振るって、オンライン配信チケットが仮に1枚も売れなかったとしても、赤字にならないように、配信の売り上げ以外を強化しました。

2023年8月2日時点で舞台『テイラー・バートン』のオンライン配信チケットは「3800枚」ですが、前任のプロデューサー的には、おそらく、この時点で「7000枚」ぐらいは売れていると考えていたと思うんです。
(※じゃなきゃ採算が取れない収支表だった)
#オンライン配信チケットはコチラ 

もう「巣ごもり需要」は完全に終わったので、ここを見誤ると、一発アウトになるので、ここは本当に気をつけた方がいいと思います。

ちなみに、前任のプロデューサーの収支表ではオンライン配信チケットの売り上げは「1万枚」を目指していましたが、西野が入ってすぐにそこは「3000枚」に下方修正しました。
「下方修正」ってネガティブなイメージがありますが、会社を守る為には必要なディフェンスであり、ディフェンスが弱いチームは勝てません。
参考にしてみてください。 

お知らせ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が大好評で20万部突破! ビジネス書累計が100万部突破!

※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」
撮影:鞍留清隆

 

お知らせ! 舞台『テイラー・バートン』のオンライン配信が始まっています!

【オンライン配信チケットはコチラ】

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【バンドザウルスのYouTubeチャンネル登録者数、スタートたちまち1万人突破!】

【バンドザウルス最新インタビュー!】

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! 2023年10月28日に、幕張メッセで『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』!

幕張メッセのド真ん中に巨大な櫓(やぐら)を建てて、“盆踊り大会”を開催することに! 今回仕掛けるのは“えんとつ町の盆踊り大会”、イベントタイトルは『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』です。
現在、クラウドファンディング【幕張メッセで開催する『ハロウィン盆踊り』を大量の提灯で彩りたい】実施中。

 

お知らせ! こどもたちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
8月05日(土)に大阪、
8月07日(月)に福岡、
8月09日(水)に東京、
8月10日(木)に愛知、
8月13日(日)に愛知、
8月16日(水)に北海道、
8月21日(月)に京都、
8月23日(水)に秋田、
8月28日(月)に山形、
8月31日(木)に広島、
9月04日(月)に兵庫、
9月06日(水)に大阪、
9月11日(月)に福井、
9月13日(水)に島根、
9月14日(木)に大阪、
9月25日(月)に青森、
9月27日(水)に神奈川、
9月28日(木)に鹿児島、
10月02日(月)に神奈川、
10月04日(水)に香川、
10月11日(水)に愛知、
10月12日(木)に静岡、
10月16日(月)に新潟、
10月18日(水)に大阪、
10月22日(日)にオーストラリアでそれぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

 

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる