MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.10.10

「心身ともに過酷な日々」令和のドロンジョ・池田エライザが舞台裏を語る

俳優、歌手、モデル、そして映画監督と、表現の場を広げている池田エライザ。2022年10月7日から放送が始まった主演ドラマ、タツノコプロ創立60周年記念『WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ』を入り口に、精力的に動き続ける彼女の仕事観に迫る。連載「NEXT GENERATIONS」とは……

池田エライザ

俳優が背負うべき責任

「七音という役柄に向き合う日々は、心身ともに過酷の連続でした」

池田エライザのこのコメントが決して大げさではないことは、『WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ』を見れば一目瞭然だ。彼女が演じている泥川七音(ナオ)は、貧困から抜け出すため、生きるために闘い続けるボクサーだ。第1話から彼女を襲う厳しすぎる試練も、ストーリーが進むにつれて明らかになる七音の過去も、ただただ熾烈。七音の孤独な眼差しは、理不尽な世界に対する怒りと闘志に満ちている。

「お芝居をするうえで、自分の憶測だったり想像だけで演じることは不可能だなと思うほど、七音に続いた不幸があまりにもつらすぎました。簡単には共感できる境遇ではないですし、同情することも安直です。たぶん七音は同情されることを一番嫌うだろうなという思いもあったので、私は七音にただ体を貸すだけでした。カメラが回っている間、七音を客観的に見ている自分がいました」

自分の思想や理想を役に押し付けない、わかったふりをして感情移入しすぎない、キャラクターファーストのアプローチ。七音に体を貸した結果、「体を痛めることの多い日々」になってしまったと振り返る。

池田エライザ

ジャケット¥297,000、ブラウス¥171,600、スカート¥242,000、パンツ¥105,600、ブーツ¥352,000<すべて予定価格>(すべてバーバリー/バーバリー・ジャパン TEL:0066-33-812819)

「お芝居をするうえで、七音がやりたいことはなるべくやろうと決めました。そのために、七音に貸しても恥ずかしくない体作りを考えました。特に撮影の初期は自分の限度を知らないので、無理をしてしまうことがいっぱいあって、芝居が終わってから体を痛めていることに気づくことも。

『これは、学ばねばいかん!』と思って、アクション監督の方に安全な動き方や、体のケアの方法、力まなくても大きく見える(カメラ前での)身の振り方などを教えていただきました。ボクシングはずっと練習していたので、撮影が進めば進むほど体の使い方がわかったり、体の状態がマシになっていく感じだったのが、少し悔しいところでもあります」

過酷な運命に絶望し泣き叫ぶ七音。そこでゲームオーバーになってもおかしくないが、彼女は絶望や怒りをパワーに変えて、何度でも立ち上がる。そして悪事に手を染めていき、ドロンジョが誕生する。

ドロンジョ誕生の理由を全11話で描く本作は、彼女が七音役のオファーを受けた2年前は、ここまでシビアな内容ではなかった。しかし、時代の移り変わりに呼応するように、脚本の内容が更新されていったという。

「最初にいただいた脚本は、もっとアニメの世界観に近い、非現実的な要素の多いエンターテインメントでした。それが徐々に、この令和という時代に蔓延(はびこ)る問題であったりとか、見る方々が抱えているであろう問題を描く作品になっていったんです」

池田エライザ

彼女が言うように、監督や脚本家たちは、デタラメだらけの時代を生きる我々に向けて、このドラマを作り上げている。七音ほどではないにしろ苦しい思いをしている社会的弱者に寄り添う一方で、彼らを取りこぼす社会へ問題提起する。こういった作品に限らず、主役を演じる俳優は、作品の放つメッセージに対して責任を感じるものなのだろうか?

「現場で全うすることが、俳優の責任だと思います。契約したことを守るっていう責任も、(現場以外で)ずっとつきまとっているとは思います。『悪いことをしません』とか。ただ、取らなきゃいけない気がするだけの責任は、取らなくてよい気がします。

みんなが『自分の責任』に縛られすぎて、幅の効かない現場になるほうがもったいない。誰かが無責任にやったことを善処する人や、うまく運用する人がいたら、バランスがいいじゃないですか。だから私はあまりガチガチに責任を背負い込もうとは思っていません。現場で頑張ってできた作品が届いたらいいな、という気持ちです」

後編に続く。

池田エライザ

Elaiza Ikeda
1996年4月16日福岡県生まれ。2009年、ファッション誌「ニコラ」の専属モデルとして活動をスタート。’11年公開の『高校デビュー』で映画デビュー。『映画 みんな!エスパーだよ!』(’15年)のヒロイン役をオーディションで勝ち取り、注目の存在に。’21年よりELAIZA名義で歌手活動を本格的に開始。新曲「META」を’22年9月に配信リリース。日本テレビ新土曜ドラマ『祈りのカルテ〜研修医の謎解き診察記録〜』が放送中。最新監督作はオムニバス映画『MIRRORLIAR FILMS』の『Good night PHOENIX』。

タツノコプロ創立60周年記念 WOWOWオリジナルドラマ「DORONJO/ドロンジョ」

タツノコプロ創立60周年記念「WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ」
1977年に放送が開始されたTVアニメ「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」の人気キャラクター、ドロンジョ。本作は、主人公の泥川七音がドロンジョになるまでの知られざる過去を、まったく新しい視点から描く。
出演:池田エライザ、山崎紘菜、矢本悠馬、金子大地/高橋和也、古田新太ほか
原作:「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」(タツノコプロ)
監督:内藤瑛亮、横尾初喜
製作著作:WOWOW AX-ON
WOWOWにて放送・配信中。

■WOWOW公式YouTubeチャンネルにて第1話全編を無料配信中!

■連載「NEXT GENERATIONS」とは……
新世代のアーティストやクリエイター、表現者の仕事観に迫る連載。毎回、さまざまな業界で活躍する10~20代の“若手”に、現在の職業にいたった経緯や、今取り組んでいる仕事について、これからの展望などを聞き、それぞれが持つ独自の“仕事論”を紹介する。

↑ページTOPへ戻る

 

過去連載記事

TEXT=須永貴子

PHOTOGRAPH=彦坂栄治

STYLING=福田春美

HAIR&MAKE-UP=RYO

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる